CData ODBC Driver for Google Data Catalog を使ってMicroStrategy でGoogle Data Catalog データを分析

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Data Catalog ODBC Driver

Google Data Catalog ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからAGoogle Data Catalog にデータ連携。

Google Data Catalog データにデータベースと同感覚でアクセスして、Google Data Catalog データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



MicroStrategy BI プラットフォームのダッシュボードにGoogle Data Catalog をノーコードでデータ連携して利用。



CData ODBC Drivers はMicrostrategy のようなBI ツールにおいて、多種な重要なデータソースへのアクセスを実現します。この記事では、Google Data Catalog への接続方法、UI またはクエリを使ってデータをインポートする方法、そしてダッシュボードでデータビジュアライゼーションをいくつか作成する方法について説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

MicroStrategy を使ってGoogle Data Catalog のクエリを発行

次の手順では、Microstrategy からCData JDBC Driver for Google Data Catalog を使ってデータに接続する方法を説明します。

  1. 接続プロパティが未設定の場合には、DSN(データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    • ProjectId

    Google Data Catalog uses the OAuth authentication standard. Authorize access to Google APIs on behalf on individual users or on behalf of users in a domain.

    Before connecting, specify the following to identify the organization and project you would like to connect to:

    • OrganizationId: The ID associated with the Google Cloud Platform organization resource you would like to connect to. Find this by navigating to the cloud console.

      Click the project selection drop-down, and select your organization from the list. Then, click More -> Settings. The organization ID is displayed on this page.

    • ProjectId: The ID associated with the Google Cloud Platform project resource you would like to connect to.

      Find this by navigating to the cloud console dashboard and selecting your project from the Select from drop-down. The project ID will be present in the Project info card.

    When you connect, the OAuth endpoint opens in your default browser. Log in and grant permissions to the application to completes the OAuth process. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  2. ダッシュボードで、+アイコンをクリックしてGoogle Data Catalog に接続を追加します。ダイアログが表示されたら、以下の情報を入力します:

    • DSN: Google Data Catalog ODBC データソース用のDSN を選択。
    • DBMS: メニュー内の[Generic DBMS]オプションを選択。
    • Name: ユーザーフレンドリーなデータソース名を入力。
  3. 接続を選択します。
  4. [Edit SQL]をクリックします。[Editor]パネルの角にある青色ペンのアイコンです。
  5. [Editor]にクエリを入力します: SELECT Type, DatasetName FROM Schemas WHERE ProjectId = 'bigquery-public-data'
  6. [Execute SQL]をクリックします。パネルの角にある緑色の再生アイコンです。
  7. [Continue]をクリックして結果を保存します。
  8. 表示されたページで、[Select a Visualization]>[Bar Chart]>[Clustered Bar Chart]をクリックします。