PHP でMySQL からGoogle Data Catalog データにアクセス

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Data Catalog ODBC Driver

Google Data Catalog ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからAGoogle Data Catalog にデータ連携。

Google Data Catalog データにデータベースと同感覚でアクセスして、Google Data Catalog データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



PHP から標準MySQL ライブラリを介してGoogle Data Catalog に接続。

CData SQL Gateway とODBC Driver for Google Data Catalog を使用することで、ETL を実行したりデータをキャッシュしたりすることなく、MySQL クライアントからGoogle Data Catalog にアクセスできます。以下のステップに従って、PHP の標準MySQL インターフェースであるmysqliPDO_MySQL を介してGoogle Data Catalog データにリアルタイムで接続します。

Google Data Catalog データに接続する

必要な接続プロパティの値が未入力の場合には、データソース名(DSN)で入力します。組み込みのMicrosoft ODBC Data Source Administrator を使用し、DSN を構成できます。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

Google Data Catalog uses the OAuth authentication standard. Authorize access to Google APIs on behalf on individual users or on behalf of users in a domain.

Before connecting, specify the following to identify the organization and project you would like to connect to:

  • OrganizationId: The ID associated with the Google Cloud Platform organization resource you would like to connect to. Find this by navigating to the cloud console.

    Click the project selection drop-down, and select your organization from the list. Then, click More -> Settings. The organization ID is displayed on this page.

  • ProjectId: The ID associated with the Google Cloud Platform project resource you would like to connect to.

    Find this by navigating to the cloud console dashboard and selecting your project from the Select from drop-down. The project ID will be present in the Project info card.

When you connect, the OAuth endpoint opens in your default browser. Log in and grant permissions to the application to completes the OAuth process. For more information, refer to the OAuth section in the Help documentation.

SQL Gateway を構成する

Google Data Catalog データへの接続を、仮想MySQL データベースとして設定する方法については、「SQL Gateway Overview」を参照してください。クライアントからのMySQL リクエストをリッスンするMySQL リモートサービスを構成します。このサービスはSQL Gateway UI で設定できます。

PHP から接続する

以下の例は、オブジェクト指向インターフェースを使用してクエリを接続および実行する方法を示します。 以下のパラメータを使用して接続オブジェクトを初期化し、仮想MySQL データベースに接続します。

  • Host:サービスが実行されているリモートホストの場所を指定します。この例では、サービスがローカルマシンで実行されているため、"localhost" をリモートホスト設定に使用します。
  • Username:SQL Gateway の「ユーザー」タブで認証したユーザーのユーザー名を指定します。
  • Password:認証されたユーザーアカウントのパスワードを指定します。
  • Database Name:データベース名としてシステムDSN を指定します。
  • Port:サービスが実行されているポートを指定します。この例では3306 を指定します。

mysqli

<?php
$mysqli = new mysqli("localhost", "user", "password", "CData GoogleDataCatalog Sys","3306");
?>

PDO

<?php
$pdo = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=CData GoogleDataCatalog Sys;port=3306', 'user', 'password');
?>

PHP からクエリする

接続が確立されると、テーブルにアクセスできます。以下のステップでは、例を説明します。

  1. テーブル(Schemas)をクエリします。結果は、連想配列として$result オブジェクトに保存されます。
  2. 各行とカラムを順番に処理して、値を出力してPHP ページに表示することができます。
  3. 接続を閉じます。

mysqli

$result = $mysqli->query("SELECT Type, DatasetName FROM Schemas WHERE ProjectId = 'bigquery-public-data'");
while($row = $result->fetch_assoc()) {
  foreach ($row as $k=>$v) {
    echo "$k : $v";
    echo "<br />"; 
  }
}
$mysqli->close();

PDO

$result = $pdo->query("SELECT Type, DatasetName FROM Schemas WHERE ProjectId = 'bigquery-public-data'");
while($row = $result->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)) {
  foreach ($row as $k=>$v) {
    echo "$k : $v";
    echo "<br />"; 
  }
}
$result = null;
$pdo = null;