製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

クラウドRPA Coopel でHubSpot データを利用したシナリオを作成


CData Connect Cloud を使ってCoopel でHubSpot データを使ったシナリオを作成します。


hubspot ロゴ画像
cloud ロゴ画像

Connect Cloud

Coopel ロゴ画像

Coopel は DeNA 社が提供するクラウドベースのRPA サービスです。WebブラウザやExcel、SaaS などのクラウドサービスの操作の自動化が実現できます。この記事では、CData Connect Cloud を経由して Coopel からHubSpot データを取得し活用する方法を説明します。

CData Connect Cloud はHubSpot データへのクラウドベースのOData インターフェースを提供し、Coopel からHubSpot データへのリアルタイム連携を実現します。

Connect Cloud を構成

Coopel でHubSpot データを操作するには、Connect Cloud からHubSpot に接続し、コネクションにユーザーアクセスを提供してHubSpot データのOData エンドポイントを作成する必要があります。

HubSpot に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

(オプション)新しいConnect Cloud ユーザーの追加

必要であれば、Connect Cloud 経由でHubSpot に接続するユーザーを作成します。

  1. 「Users」ページに移動し、 Invite Users をクリックします。
  2. 新しいユーザーのE メールアドレスを入力して、 Send をクリックしてユーザーを招待します。 新しいユーザーを招待
  3. 「Users」ページからユーザーを確認および編集できます。 Connect Cloud ユーザー

パーソナルアクセストークン(PAT)の追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、「User Profile」をクリックします。
  2. 「User Profile」ページで「Access Token」セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 Creating a new PAT
  4. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

Connect Cloud からHubSpot に接続

CData Connect Cloud では、簡単なクリック操作ベースのインターフェースでデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 コネクションの追加
  2. 「Add Connection」パネルから「HubSpot」を選択します。 データソースの選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、HubSpot に接続します。

    HubSpot はOAuth 認証標準を使用します。組み込みのOAuthClientId、OAuthClientSecret、CallbackURL を使用することも、自分でアプリを登録して使用することも可能です。app.

    詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    接続の設定(Salesforce の表示)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. 「Add HubSpot Connection」ページの「Permissions」タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

Connect Cloud にHubSpot OData エンドポイントを追加する

HubSpot に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. OData ページに移動し、 Add をクリックして新しいOData エンドポイントを作成します。
  2. HubSpot 接続(例:HubSpot1)を選択し、Next をクリックします。
  3. 使用するテーブルを選択し、「Confirm」をクリックします。 テーブルを選択(Salesforce の例)

コネクションとOData エンドポイントを設定したら、Coopel からHubSpot データに接続できます。

Coopel でシナリオを作成する

CData Connect cloud 側の準備が完了したら、早速Coopel 側でシナリオの作成を開始します。

  1. まず、Coopel にログインし、必要に応じて新しいワークスペースを作成します。
  2. ワークスペースを作成後、CData Connect Cloud にアクセスするための認証情報をCoopel 上に保存しましょう。「シナリオアカウント設定」→「新規追加」→「その他のサービス」を選択します。
  3. ここで、CData Connect Cloud にアクセスするためのUserID とPassword を入力し、保存じます。Web サービス名には任意の名称を入力してください。
  4. 次にメインとなるシナリオを作成します。「シナリオ作成」をクリックし
  5. 任意の名称を入力します。

HubSpot のデータを取得する処理を作成

シナリオを作成したらHubSpot のデータを取得する処理の作成を進めましょう。

  1. Coopel からHubSpot のデータを取得するためには、CData Connect Cloud を経由します。Coopel では、ブラウザアクセスと同じような方法でCData Connect Cloud にアクセスするので、「URLにアクセス」のアクションを使って、データ取得を行います。Coopelのアクション一覧から「URLにアクセス」を配置し、先程検証した以下の「URL」および、「Basic認証アカウント」に指定します。
  2. 続いて、表示されたデータをCoopel 上で扱いやすい形にするためにテーブルデータとして取得を行います。Coopel アクションの一覧から「テーブルデータを取得」を配置し、先程作成した「URL にアクセス」をブラウザへ指定。テーブルの要素として「table」を指定します。
  3. これで、Coopel上でCData Connect Cloud 経由で取得したデータを操作する準備が整いました。あとはCoopel のさまざまなアクションを駆使して、フローを作成していきます。

ファイル出力処理を作成

データを取得する処理が作成できたら、そのデータをExcel ファイルに出力してみましょう。

  1. 最初に「ファイルの新規作成」アクションを使って、Excel ファイルを作成します。任意の名称でファイル名とシート名を指定してください。
  2. 次に「シートをシート名で指定」のアクションを配置して、先程作成したExcel ファイルのシートを参照します。
  3. シートを開いたら、取得したデータを「セルにペースト」アクションで貼り付けます。事前に作成した「対象シート」と、CData Connect Cloud から取得した「テーブルデータ」を指定します。書き込み対象セルは一番左上のセルから入力するので「A1」を指定しました。
  4. 最後に作成したExcel ファイルを「ファイルを保存する」アクションで保存します。以上ですべてのシナリオが完成しました。

実行

それでは完成したシナリオを実行してみましょう。

  1. Coopelでは画面右上の「実行」ボタンでシナリオを試すことができます。正常に実行されると、以下のように「ファイルを保存する」アクションのダイアログに生成されたExcel ファイルが表示されます。
  2. これをダウンロードして、Excelで開いてみると、以下のようにCData Connect Cloud 経由で取得したデータが入力されていることが確認できます。

クラウドRPA からHubSpot データへのライブ接続

Coopel からHubSpot ライブデータに直接接続できるようになりました。これで、HubSpot データを複製せずにより多くの接続とシナリオを作成できます。

クラウドRPA から直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL ソースへのリアルタイムデータアクセスを取得するには、CData Connect Cloud を参照してください。