Power Automate を使用してIBM Cloud Object Storage データを自動化されたタスクに統合

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect



CData Connect Cloud を使用してIBM Cloud Object Storage データの仮想SQL Server データベースを作成し、ライブIBM Cloud Object Storage データをPower Automate (Microsoft Flow) タスクに統合します。

Power Automate(Microsoft Flow)は、一般的なアプリとサービスのイベント(ワークフロー)を自動化するオンラインサービスです。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジュアライゼーションやダッシュボードなどのためにIBM Cloud Object Storage データにクラウド間でアクセスできます。この記事では、Power Automate からConnect Cloud に接続し、ライブIBM Cloud Object Storage データをワークフローとタスクに統合する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、純粋なSQL のクラウド間インターフェースをIBM Cloud Object Storage に提供し、データを複製することなくPower Automate からライブIBM Cloud Object Storage データに簡単に統合できるようにします。Power Automate はCData Connect Cloud をSQL Server データベースのように認識し、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をIBM Cloud Object Storage に直接プッシュし、サーバーサイドの処理を利用して、IBM Cloud Object Storage データを素早く返します。

IBM Cloud Object Storage データの仮想SQL データベースを作成する

CData Connect Cloud は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、API を生成します。

  1. Connect Cloud にログインし、[Databases]をクリックします。
  2. [Available Data Sources]から[IBM Cloud Object Storage]を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、IBM Cloud Object Storage に接続します。

    Register a New Instance of Cloud Object Storage

    If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

    Connecting using OAuth Authentication

    There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

    API Key

    To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the Platform API Keys page.
    3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
    4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

    Cloud Object Storage CRN

    If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

    • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
    • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

    Connecting to Data

    You can now set the following to connect to data:

    • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
    • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
    • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

    When you connect, the connector completes the OAuth process.

    1. Extracts the access token and authenticates requests.
    2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.
  4. Test Database ]をクリックします。
  5. [Privileges]->[ Add]とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

CData Connect Cloud に接続する

Connect Cloud を使用してIBM Cloud Object Storage データをPower Automate タスクに統合するには、新しいSQL Server 接続が必要です。

  1. Power Automate にログインします。
  2. [Data]->[Connections]->[New connection]とクリックします。
  3. SQL Server を選択します。
  4. 接続ウィザードにて

    • Authentication Type を"SQL Server Authentication" に設定します。
    • SQL server name をConnect Cloud インスタンスのアドレスに設定します。(myinstance.cdatacloud.net
    • SQL database name を以前作成したIBM Cloud Object Storage の名前(ibmcloudobjectstoragedb など)に設定します。
    • UsernamePassword を設定し、[Create]をクリックします。

IBM Cloud Object Storage データをPower Automate Tasks に統合する

Connect Cloud への接続が構成されたら、ライブIBM Cloud Object Storage データをPower Automate タスクに統合する事ができるようになります。

  1. Power Automate にログインします。
  2. [My flows]->[New]とクリックし、空白またはテンプレートからフローを作成することを選択します。
  3. SQL Server アクション(Get rows など)を追加または構成し、Connect Cloud 接続に接続するようにアクションを構成します。
  4. 使用するテーブルをドロップダウンメニューから選択し、詳細オプション(フィルタ、オーダーなど)を構成します。
  5. フォローしてテストするアクションを構成し、フォローを保存します。

クラウドアプリケーションからIBM Cloud Object Storage データへのSQL アクセス

Power Automate タスクからライブIBM Cloud Object Storage データへの直接接続ができるようになりました。これで、IBM Cloud Object Storage データを複製することなくより多くの接続とワークフローを作成してビジネスを加速できます。

クラウドアプリケーションから直接230+ SaaS 、Big Data 、NoSQL ソースへのSQL データアクセスを取得するには、CData Connect Cloud を参照してください。