DBVisualizer で IBM Cloud Object Storage データに連携しクエリを作成

DBVisualizer のビジュアルデータ分析ツールやデータ接続ウィザードにIBM Cloud Object Storage を連携。



CData JDBC Driver for IBM Cloud Object Storage は、JDBC 標準に準拠し、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでIBM Cloud Object Storage への接続を提供します。この記事では、DbVisualizer からIBM Cloud Object Storage に接続する方法、およびtable エディタを使ってIBM Cloud Object Storage を ロード、 する方法を説明します。

IBM Cloud Object Storage データの新しいJDBC データソースを作成

下記の手順に従って、Driver Manager を使ってDbVisualizer ツールからIBM Cloud Object Storage に接続します。

  1. DbVisualizer で[Tools]>[Driver Manager]>[Create a New Driver]をクリックします。
  2. データソースに名前を入力します。
  3. [URL Format]ボックスに以下を入力します: jdbc:ibmcloudobjectstorage:
    DbVisualizer Driver Manager
  4. [User Specified]タブで[User Specified]ボタンをクリックし、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のcdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.jar ファイルを選択します。
  5. [Driver Class]メニューでIBMCloudObjectStorageDriver クラス、cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver を選択します。

JDBC データソースへの接続を定義

下記の手順に従って、JDBC URL に接続プロパティを入力します。

  1. [Database] タブで[Database Connection]ノードを右クリックし、[Create a Database Connection]をクリックします。
  2. [Connection]セクションで以下のオプションを設定します:

    • Database Type:ウィザードオプションを選択した場合は、データベースの種類は自動検出される。ウィザードを使用しないオプションを選択した場合は、[Database Type]メニューから[Generic]または[Auto Detect]オプションを選択。
    • Driver:先ほど作成したドライバーを選択。
    • Database URL:フルJDBC URL を入力。JDBC URL シンタックスは以下のとおりです。 jdbc:ibmcloudobjectstorage: 次に、セミコロン区切りでname-value ペアの接続プロパティを入力します。

      Register a New Instance of Cloud Object Storage

      If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

      1. Log in to your IBM Cloud account.
      2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

      Connecting using OAuth Authentication

      There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

      API Key

      To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

      1. Log in to your IBM Cloud account.
      2. Navigate to the Platform API Keys page.
      3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
      4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

      Cloud Object Storage CRN

      If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

      • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
      • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

      Connecting to Data

      You can now set the following to connect to data:

      • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
      • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
      • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

      When you connect, the connector completes the OAuth process.

      1. Extracts the access token and authenticates requests.
      2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

      一般的な接続文字列は次のとおりです。

      jdbc:ibmcloudobjectstorage:ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;
    • Database UserId:IBM Cloud Object Storage を認証するユーザーネーム。
    • Database Password:IBM Cloud Object Storage を認証するパスワード。
  3. [Connection]タブで[Connect]をクリックします。

QuickBooks JDBC Driver が表示するテーブルをブラウズするには、テーブルを右クリックし[Open In New Tab]をクリックします。

SQL クエリの実行には、SQL Commander ツールを使います:[SQL Commander]>[New SQL Commander]をクリックします。利用可能なメニューから[Database Connection]、[Database]、[Schema]を選択します。

サポートされるSQL についての詳細は、ヘルプドキュメントの「サポートされるSQL」をご覧ください。テーブルに関する情報は「データモデル」をご覧ください。

 
 
ダウンロード