Dundas BI でIBM Cloud Object Storage データに連携するダッシュボードを構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからIBM Cloud Object Storage にデータ連携。

IBM Cloud Object Storage データにデータベースと同感覚でアクセスして、IBM Cloud Object Storage データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



ダイナミックダッシュボードを作成し、Dandus BI からIBM Cloud Object Storage データを分析します。.

CData ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage を使えば、IBM Cloud Object Storage に標準ODBC でのアクセスが可能になり、いろいろなBI、帳票、ETL ツールからデータ連携が可能になります。本記事では、Dundas BI からIBM Cloud Object Storage データにGeneric ODBC として接続し、レポートやダッシュボードを作成します。

IBM Cloud Object Storage データへの接続

  1. 未指定の場合は、データソース名(DSN)で必要な接続プロパティの値を指定します。ビルトインのデータソースアドミニストレーターを使用してDSN を設定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターでDSN を作成及び設定する方法については、ヘルプドキュメントの[Getting Started]チャプターを参照してください。

    Register a New Instance of Cloud Object Storage

    If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

    Connecting using OAuth Authentication

    There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

    API Key

    To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the Platform API Keys page.
    3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
    4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

    Cloud Object Storage CRN

    If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

    • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
    • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

    Connecting to Data

    You can now set the following to connect to data:

    • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
    • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
    • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

    When you connect, the connector completes the OAuth process.

    1. Extracts the access token and authenticates requests.
    2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

    DSN を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって返される行数が制限されるため、可視化やレポートをデザインする際のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

  2. Dundas BI インターフェースでメニューを開き、[New][Data Connector]をクリックします。
  3. Dundas BI Data Connector を構成します。
    • Data Connector に名前を付けます。
    • Data Provider として[ODBC generic]を選択します。
    • [Use System DSN]のチェックボックスにチェックを入れます。
    • 適切なSystem DSN を選択します。

IBM Cloud Object Storage データをダッシュボードに追加する

これで、IBM Cloud Object Storage を使用してダッシュボードを作成することができます。

  1. ホームページに移動します。
  2. [Explore Data]をクリックします。
  3. 適切なData Connector を展開します。
  4. 関連するデータを[Connector]からパネルにドラッグします。
    • 追加する[table]全体を選択できますが、適切な可視化を作成するために、Metric Set から[Measures/Rows]を削除する必要があるかもしれません。もしくは、可視化に含めるフィールドのみを選択することもできます。
    • フィールドを選択すると、Measures とRows に任意のフィルタまたは条件を追加して可視化をさらにカスタマイズできます。
  5. メニューバーから[Re-visualize]をクリックし、データに適切な可視化を選択します。
  6. [Add To New Dashboard]をクリックして可視化を新しいダッシュボードに追加します。
  7. ダッシュボードを構成し、IBM Cloud Object Storage の動的な可視化を作成します。