製品をチェック

無償トライアル:

無償トライアルへ

製品の情報と無償トライアルへ:

Intacct ODBC Driver

Intacct ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからIntacct データに連携。

Intacct データに標準ODBC Driver インターフェースを使ってRDB と同感覚でアクセス - Contacts、Invoices、Transactions、Vendors などに標準ODBC インターフェースで双方向連携。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Web 帳票ツール PrintStream でSage Intacct データを利用した帳票を作成


Web帳票ツールPrintStream とSage Intacct ODBC Driver を使ってSage Intacct データを利用した帳票を作成する方法


古川えりか
コンテンツスペシャリスト

PrintStream は株式会社オープンストリームが提供するWeb システムでの帳票印刷、PDF 生成機能を強力にサポートする帳票ツールです。

この記事では、PrintStream と CData ODBC Driver を使って、PrintStream でSage Intacct のデータを利用した帳票を作成する方法を紹介します。

PrintStream からSage Intacct にデータ連携。

Sage Intacct データへの接続

まずCData ODBC Driver を対象の環境にセットアップします。

  1. ODBC DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。 これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレータを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    ログインメソッドで接続するには、User、Password、CompanyId、SenderId、およびSenderPassword 接続プロパティが必要です。

    User、Password、CompanyId は、接続するアカウントのクレデンシャルです。

    SenderId およびSenderPassword は、Sage Intacct によって割り当てられたWeb Services クレデンシャルです。

  2. DSN設定
  3. 入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。

PrintStream で帳票をデザインする

それでは PrintStream 側の作業を進めていきます。

  1. 今回はシンプルに以下のようなSage Intacct のデータを一覧表示する帳票を作成します。
  2. 以下のようにリージョンを配置して、中にレコードとテキストフィールドを配置します。最終的にテキストフィールドにSage Intacct のデータをそれぞれマッピングするイメージです。
  3. 詳しい手順は割愛しますが、ヘルプの「PrintStream」チュートリアルにある「一覧表作成」を参考にしてみてください。

PrintStream でODBC 接続を行う

デザインが完了したらODBC 経由でデータを読み込みます。

  1. 「印刷データウィザード」を使ってODBC 接続経由でSage Intacct のデータを読み込みます。
  2. データの取得方法から「ODBC データベース」を選択し、「次へ」をクリック
  3. データベースの「参照」をクリックし
  4. 「コンピューターデータソース」の一覧から先ほど設定したODBC DSN を選択します。
  5. データベースの設定が完了したら、データの検索方法から「テーブルまたはビューを選択」もしくは「SQL を記述」を選択します。今回は「テーブルまたはビューを選択」を使ってみます。
  6. 「テーブルまたはビューを選択」では、最初に任意のテーブルまたはビューを選択します。ここでデータサンプルも表示されるので、Sage Intacct のデータを確認しながら選ぶことができます。
  7. 続いて絞り込み条件を指定します。任意の条件を指定してください。
  8. 併せてソート条件も指定しましょう。
  9. 最後に帳票デザインに配置した印刷フィールドと読み込んだデータ項目をマッピングします。

印刷プレビュー

印刷プレビューで実際に帳票へデータが取り込めているか確認してみましょう。

  1. 下図のアイコンもしくは「F5」を押下することでプレビューが実施できます。
  2. 以下のようにODBC 経由で取り込んでいるデータが表示されればOK です。

このようにCData ODBC Driver for SageIntacct とPrintStream を組み合わせることで、簡単にSage Intacct データを活用した連携を実現できます。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。