今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for JSON を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

MicroStrategy でCData JDBC Driver for JSON を使ってみた

CData JDBC Driver for JSON を使用して、MicroStrategy Developer からJSON services にデータ連携。

MicroStrategyは、データ駆動型のイノベーションを可能にする分析およびモビリティプラットフォームです。MicroStrategy をCData JDBC Driver for JSON と組み合わせると、MicroStrategy からリアルタイムJSON services へのRDB のようなアクセスが可能になり、レポートと分析での利用が可能です。ここでは、MicroStrategy Developer でJSON のデータベースインスタンスを作成し、JSON services のウェアハウスカタログを作成します。

CData JDBC ドライバーは、ドライバーに組み込まれた最適化されたデータ処理により、MicroStrategy からリアルタイムJSON services と接続で高いパフォーマンスを提供します。MicroStrategy からJSON に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作を直接JSON にプッシュし、埋め込みSQL エンジンを使用してサポートされていない操作(SQL関数やJOIN 操作)を処理します。ビルトインダイナミックメタデータクエリでは、ネイティブのMicroStrategy データ型を使用してJSON services を視覚化して分析することができます。

MicroStrategy Developer からJSON への連携を確立

You can connect to JSON in MicroStrategy Developer by adding a database instance based on the CData JDBC Driver for JSON.* Before you begin, you will need to install the JDBC Driver for JSON on the machine hosting the MicroStrategy Intelligence Server that your instance of MicroStrategy Developer is connected to.

  1. Open MicroStrategy Developer and select a Project Source.
  2. Navigate to Administration -> Configuration Managers -> Database Instances and right-click to add a new instance.
  3. Name the instance, select Generic DBMS as the database connection type, and create a new database connection.
  4. In the database connection wizard, name the connection and create a new Database Login name, setting the user and password for JSON.
  5. On the Advanced tab for the connection wizard, set the additional connection string parameters as follows.
    • Add the JDBC keyword to the connection string.
    • Set MSTR_JDBC_JAR_FOLDER to the path of the directory containing the JAR file for the JDBC driver.(C:\Program Files\CData JDBC Driver for JSON\lib\ on Windows.)
    • Set DRIVER to cdata.jdbc.json.JSONDriver, the driver class.
    • Set URL to the JDBC URL for the JSON driver, which contains the necessary connection properties.

      データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

      URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

      DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

      • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
      • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
      • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

      リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

      ビルトイン接続文字列デザイナー

      For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the JSON JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

      java -jar cdata.jdbc.json.jar

      Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

      When you configure the JDBC URL, you may also want to set the Max Rows connection property.This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

    Typical additional connection string properties follow:

    JDBC;MSTR_JDBC_JAR_FOLDER=PATH\TO\JAR\;DRIVER=cdata.jdbc.json.JSONDriver;URL={jdbc:json:URI=C:\people.json;DataModel=Relational;};
  6. Ensure that you have not selected an ODBC data source (this will trigger MicroStrategy to use the additional connection string parameters to build the database instance) and click OK.
  7. Click OK to close the database instance wizard.
  8. In the Project Source, right-click the project and open the Project configuration.
  9. Navigate to Database Instances, select the newly created database instance, and click OK.
  10. Close MicroStrategy Developer and restart the connected MicroStrategy Intelligence Server to complete the database instance creation.

With the database instance configured, you will now be able to connect to JSON services from the Warehouse Catalog and Data Import.

ウェアハウスカタログからJSON Services に接続

Once you have created a database instance based on the JDBC Driver for JSON, you can connect to data from the Warehouse Catalog.

  1. Select your project and click Schema -> Warehouse Catalog.
  2. In the Read Settings for the Catalog, click Settings and set the queries to retrieve the schema:
    • To retrieve the list of tables, use the following query: SELECT * FROM SYS_TABLES
    • To retrieve the list of columns for selected tables, use the following query: SELECT DISTINCT CatalogName NAME_SPACE, TableName TAB_NAME, ColumnName COL_NAME, DataTypeName DATA_TYPE, Length DATA_LEN, NumericPrecision DATA_PREC, NumericScale DATA_SCALE FROM SYS_TABLECOLUMNS WHERE TableName IN (#TABLE_LIST#) ORDER BY 1,2,3
  3. Select tables to be used in the project.

Using the CData JDBC Driver for JSON in MicroStrategy, you can easily create robust visualizations and reports on JSON services.Read our other articles on connecting to JSON in MictroStrategy Web and connecting to JSON in MicroStrategy Desktop for more information.


Note:Connecting using a JDBC Driver requires a 3- or 4-Tier Architecture.

 
 
ダウンロード