Power Automate の自動タスクで CData API Server およびJSON ADO.NET Provider を使う

コンタクト先へのE メール送信、SNS へのポスト、CRM やERP の同期などを自動化します。

Power Automate (Microsoft Flow) は、オンプレやクラウドの複数のシステムからのデータを含むタスクを自動化することができます。CData API Server およびJSON ADO.NET Provider (または220+ の他のADO.NET Providers) を使用すると、基幹業務ユーザーはPower Automate のJSON トリガーに基づく、アクションのネイティブな作成が可能になります。API Server は、Power Automate などのSaaS アプリケーションを、OData やSwagger などのデータアクセス標準を通じてJSON とシームレスに統合できます。この記事では、Power Automate のウィザードとJSON API Server を使い、検索条件に一致するエンティティであるトリガーを作成し、結果に基づいて電子メールを送信する方法を示します。

API サーバーをセットアップ

以下のステップに従って、安全でSwaggerに対応するJSON API の作成を開始します。

デプロイ

API サーバーは独自のサーバーで実行されます。Windows では、スタンドアロンサーバーまたはIIS を使用して展開できます。Java サーブレットコンテナで、API Server WAR ファイルをドロップします。詳細とハウツーについては、ヘルプドキュメントを参照してください。

API Server は、Microsoft AzureAmazon EC2Heroku にも簡単にデプロイできます。

JSON に接続

デプロイ後、API Server 管理コンソールで[Settings]->[Connections]とクリックし、認証値とその他の接続プロパティを指定します。 次に、[Settings]->[Resources]をクリックして、API サーバーへのアクセスを許可する エンティティを選択できます。

データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

  • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
  • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
  • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

また、CORS を有効にし、[Settings]->[Server]ページで次のセクションを定義する必要があります。[*]なしですべてのドメインを許可するオプションを選択することもできます。

  1. Access-Control-Allow-Origin:[*]の値に設定するか、接続を許可するドメインを指定します。
  2. Access-Control-Allow-Methods:値を[GET,PUT,POST,OPTIONS]に設定します。
  3. Access-Control-Allow-Headers:[x-ms-client-request-id, authorization, content-type]に設定します。

API サーバーユーザーを承認

作成するOData サービスを決定したら、[Settings]->[Users]をクリックしてユーザーを承認します。API サーバーは、認証トークンベースの認証を使用して主要な認証スキームをサポートします。SSL を使用して、接続を認証及び暗号化することができます。アクセスはIP アドレスによって制限することもできます。デフォルトでは、ローカルマシンのみに制限されています。

簡単にするために、API ユーザーの認証トークンをURL で渡すことができます。データディレクトリにあるsettings.cfg ファイルの[Application]セクションに設定を追加する必要があります。Windows でこれは、アプリケーションルートのapp_data サブフォルダにあたります。Java エディションでは、データディレクトリの場所はオペレーティングシステムによって異なります。

  1. Windows:C:\ProgramData\CData
  2. Unix or Mac OS X: ~/cdata
[Application] AllowAuthtokenInURL = true

JSON データをFlow に追加する

組み込みのHTTP + Swagger コネクタを使用し、ウィザードを使用してJSON プロセスフローを設計できます。

  1. [Power Automate]で、[My Flows]->[Create from Blank]をクリックします。
  2. [Recurrence]アクションを選択し、電子メールを送信する時間間隔を選択します。この記事では、[1日]にします。
  3. Swagger を検索してHTTP + Swagger アクションを追加します。
  4. Swagger メタデータドキュメントのURL を入力します。 https://MySite:MyPort/api.rsc/@MyAuthtoken/$oas
  5. [Return people]操作を選択します。
  6. JSON を取得するためのOData クエリを作成します。この記事では、$filter ボックスで次のOData フィルタ形式を定義します。

    [ personal.name.last ] eq 'Roberts'

    サポートされているOData のフィルタリングと例の詳細については、API Server のヘルプドキュメントを参照してください。

アクションをトリガー

これで、プロセスフローでpeople エンティティを操作できます。以下のステップに従って、自動メールを送信します。

  1. E メール送信アクションであるSMTP を追加します。
  2. SMTP サーバーのアドレスと資格情報を入力し、接続に名前を付けます。サーバーでサポートされている場合には、必ず暗号化を有効にしてください。
  3. メッセージのヘッダーと本文を入力します。これらのボックスにJSON カラムを追加できます。
 
 
ダウンロード