Microsoft Flow の自動タスクでCData API Server およびJSON ADO.NET Provider を使う

コンタクト先へのE メール送信、SNS へのポスト、CRM やERP の同期などを自動化。

Microsoft Flow は、オンプレやクラウドの複数のシステムからのデータを含むタスクを自動化することができます。CData API Server およびJSON ADO.NET Provider (210+ の他のADO.NET Providers) を使えば、Microsoft Flow を使ったデータ連携が可能になります。API Server は、Microsoft Flow などのクラウドサービスからJSON services への連携をOData やSwagger などの標準インターフェースで実現します。本記事では、Microsoft Flow のウィザードを使って、JSON データ統合します。

API Server のセットアップ

Follow the steps below to begin producing secure and Swagger-enabled JSON APIs:

Deploy

The API Server runs on your own server. On Windows, you can deploy using the stand-alone server or IIS. On a Java servlet container, drop in the API Server WAR file. See the help documentation for more information and how-tos.

The API Server is also easy to deploy on Microsoft Azure, Amazon EC2, and Heroku.

JSON への連携設定

After you deploy, provide authentication values and other connection properties by clicking Settings -> Connections in the API Server administration console. You can then choose the entities you want to allow the API Server access to by clicking Settings -> Resources.

データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

  • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
  • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
  • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

You will also need to enable CORS and define the following sections on the Settings -> Server page. As an alternative, you can select the option to allow all domains without '*'.

  1. Access-Control-Allow-Origin: Set this to a value of '*' or specify the domains that are allowed to connect.
  2. Access-Control-Allow-Methods: Set this to a value of "GET,PUT,POST,OPTIONS".
  3. Access-Control-Allow-Headers: Set this to "x-ms-client-request-id, authorization, content-type".

Authorize API Server Users

After determining the OData services you want to produce, authorize users by clicking Settings -> Users. The API Server uses authtoken-based authentication and supports the major authentication schemes. You can authenticate as well as encrypt connections with SSL. Access can also be restricted by IP address; access is restricted to only the local machine by default.

For simplicity, we will allow the authtoken for API users to be passed in the URL. You will need to add a setting in the Application section of the settings.cfg file, located in the data directory. On Windows, this is the app_data subfolder in the application root. In the Java edition, the location of the data directory depends on your operation system:

  1. Windows: C:\ProgramData\CData
  2. Unix or Mac OS X: ~/cdata
[Application] AllowAuthtokenInURL = true

Add JSON Services to a Flow

You can use the built-in HTTP + Swagger connector to use a wizard to design a JSON process flow:

  1. In Microsoft Flow, click My Flows -> Create from Blank.
  2. Select the Recurrence action and select a time interval for sending emails. This article uses 1 day.
  3. Add an HTTP + Swagger action by searching for Swagger.
  4. Enter the URL to the Swagger metadata document: https://MySite:MyPort/api.rsc/@MyAuthtoken/$swagger
  5. Select the "Return people" operation.
  6. Build the OData query to retrieve JSON services. This article defines the following OData filter expression in the $filter box:

    [ personal.name.last ] eq 'Roberts'

    See the API Server help documentation for more on filtering and examples of the supported OData.

Trigger an Action

You can now work with people entities in your process flow. Follow the steps to send an automated email:

  1. Add an SMTP - Send Email action.
  2. Enter the address and credentials for the SMTP server and name the connection. Be sure to enable encryption if supported by your server.
  3. Enter the message headers and body. You can add JSON columns in these boxes.
 
 
ダウンロード