Rapidly Develop JSON-Driven Apps with Active Query Builder

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

JSON ODBC Driver

JSON ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートする様々なアプリケーションからJSON Web サービスへの接続を実現するパワフルなツールです.

標準データベースにアクセスするときと同感覚でJSON サービスにアクセスし、標準ODBC Driver インターフェースを通じて読み出し、書き込み、更新が可能に。



Leverage the Active Query Builder SQL interface builder and the ease of .NET data access to create data-driven WinForms and ASP.NET apps.

Write standard .NET to expose JSON services through an SQL interface: Active Query Builder helps developers write SQL interfaces; the CData ODBC Driver for JSON enables standards-based access to JSON. This integration uses the Microsoft ADO.NET Provider for ODBC as a bridge between the ODBC Driver and the Active Query Builder objects to build a visual SQL composer.

Connect to JSON as an ODBC Data Source

If you have not already, first specify connection properties in an ODBC DSN (data source name). This is the last step of the driver installation. You can use the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure ODBC DSNs.

データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

  • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
  • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
  • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

Use SQL to Interact with JSON

Follow the steps below to create a WinForms visual query builder.

  1. In a new Windows Forms project, drag the QueryBuilder from the Toolbox onto the form.
  2. Add a reference to ActiveQueryBuilder.ODBCMetadataProvider.
  3. Add an OdbcConnection and set the connection string to the DSN that you created in the first section. OdbcConnection connection = new OdbcConnection(); connection.ConnectionString = "DSN=JSON"
  4. Initialize ODBCMetadataProvider and GeneralSyntaxProvider instances and set the Connection property of the ODBCMetadataProvider object to the OdbcConnection. GenericSyntaxProvider syntaxProvider = new GenericSyntaxProvider(); ODBCMetadataProvider metadataProvider = new ODBCMetadataProvider(); metadataProvider.Connection = connection;
  5. Set the corresponding MetadataProvider and SyntaxProvider properties of the QueryBuilder object. queryBuilder1.MetadataProvider = metadataProvider; queryBuilder1.SyntaxProvider = syntaxProvider;
  6. Call the InitiatelizeDatabaseSchemaTree method of the QueryBuilder class to retrieve JSON metadata and generate a tree view of JSON tables. queryBuilder1.InitializeDatabaseSchemaTree();
  7. After creating the QueryBuilder, connect it to a TextBox or, as we use, the ActiveQueryBuilder SQLTextEditor: Drag and drop an SQLTextEditor onto the designer.

  8. Add the following code to the Validating event for the SQLTextEditor: private void sqlTextEditor1_Validating(object sender, CancelEventArgs e) { try { // Update the query builder with manually edited query text: queryBuilder1.SQL = sqlTextEditor1.Text; } catch (SQLParsingException ex) { e.Cancel = true; // Set caret to error position sqlTextEditor1.SelectionStart = ex.ErrorPos.pos; // Report error MessageBox.Show(ex.Message, "Parsing error"); } }
  9. Add the following to the SQLUpdated event: private void queryBuilder1_SQLUpdated(object sender, EventArgs e) { sqlTextEditor1.Text = queryBuilder1.FormattedSQL; }
  10. You can now build queries visually: Double-click a table in the Columns Pane Area and an entity/relationship diagram is displayed in the Query Building Area. Columns that you select in the diagram are added to the query.