製品をチェック

無償トライアル:

無償トライアルへ

製品の情報と無償トライアルへ:

JSON ODBC Driver

JSON ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートする様々なアプリケーションからJSON Web サービスへの接続を実現するパワフルなツールです.

標準データベースにアクセスするときと同感覚でJSON サービスにアクセスし、標準ODBC Driver インターフェースを通じて読み出し、書き込み、更新が可能に。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

インテリジェントオートメーションRPA、Blue Prism でJSON データを連携利用


インテリジェントオートメーションRPA、Blue Prism と JSON ODBC Driver を使ってノーコードでJSON 連携フローを作成。


json ロゴ画像
odbc ロゴ画像

ODBC

Blue Prism ロゴ画像

Blue Prism は2001年にイギリスで創業したBlue Prism 社が提供するエンタープライズ企業向けのロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)ツールです。

大きな特徴は「プロセス」と「オブジェクト」という概念で自動化処理を構成していくところが挙げられるでしょう。あらかじめ各種アプリケーションを操作する手続き、振る舞いをオブジェクトとして定義することで、再利用性を高め、全体の開発生産性を向上させています。

このオブジェクトはVBO という名前で各種テンプレート、プリセットが公開されており、初心者でもさまざまなアプリケーションやローカルファイル、サービスなどに接続することが可能になっています。

そんなVBO の中にはODBC 経由でデータベースに接続できるものも提供されており、CData ODBC Driver と組み合わせることで、CData が対応しているさまざまなデータソースと手軽に連携ができるようになります。

今回の記事ではこのODBC 用のVBO とCData ODBC Driver を使って、Blue Prism からJSON に接続する方法を紹介します。

JSON データへの接続

  1. まずODBC DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。 これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレータを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

    • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

    リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

    Amazon S3 内のJSON への接続

    URI をバケット内のJSON ドキュメントに設定します。さらに、次のプロパティを設定して認証します。

    • AWSAccessKey:AWS アクセスキー(username)に設定。
    • AWSSecretKey:AWS シークレットキーに設定。

    Box 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルへのパスに設定します。Box へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Box への接続 を参照してください。

    Dropbox 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルへのパスに設定します。Dropbox へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Dropbox への接続 を参照してください。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。ユーザーアカウントフローでは、以下の接続文字列で示すように、ユーザー資格情報の接続プロパティを設定する必要はありません。 URI=dropbox://folder1/file.json; InitiateOAuth=GETANDREFRESH; OAuthClientId=oauthclientid1; OAuthClientSecret=oauthcliensecret1; CallbackUrl=http://localhost:12345;

    SharePoint Online SOAP 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。認証するには、User、Password、およびStorageBaseURL を設定します。

    SharePoint Online REST 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。StorageBaseURL は任意です。指定しない場合、ドライバーはルートドライブで動作します。 認証するには、OAuth 認証標準を使用します。

    FTP 内のJSON への接続

    URI をJSON ファイルへのパスが付いたサーバーのアドレスに設定します。認証するには、User およびPassword を設定します。

    Google Drive 内のJSON への接続

    デスクトップアプリケーションからのGoogle への認証には、InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定して、接続してください。詳細はドキュメントの「Google Drive への接続」を参照してください。

  2. DSN設定
  3. 入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。

ODBC 用の VBO を追加する

続いて、ODBC 用のVBO をBlue Prism に追加しましょう。

  1. こちらのURLから「Connector for ODBC Utility Blue Prism」が入手できます。
  2. 「BPA+Object+-+Data+-+ODBC+v1.0.xml」というXMLファイルがダウンロードできるので、Blue Prism を立ち上げてオブジェクトとしてインポートしましょう。
  3. 対象のファイルを選択し「次へ」進みます。
  4. インポートが完了すると、以下のようにオブジェクト一覧に「Data - ODBC」が追加されます。
  5. これを使って、CData ODBC Driver へ Blue Prism から簡単に接続できるようになります。

新しいプロセスを作成する

それでは早速自動化のプロセスを作成していきましょう。

  1. 「新しいプロセスまたはビジネスオブジェクト」から「プロセス」を選択して、次へ進みます。
  2. 任意のプロセス名を入力します。
  3. 必要に応じてプロセスの説明を指定して、「終了」をクリックしましょう。
  4. これで以下のように初期化されたプロセスが立ち上がります。

ODBC Open 処理を追加する

ODBC の接続処理は以下の3つのプロセスで実施します。実際にデータの操作を実行するのは真ん中の部分ですが、前後の処理が必要になるという点に注意してフローを組みましょう。

  • コネクションを確立するためのOpen 処理
  • SQL やINSERT 文などを実行するExecute(ExecuteNonQuery)処理
  • コネクションを終了するためのClose 処理

まずは「コネクションを確立するためのOpen 処理」を追加します。

  1. 「アクション」を画面に配置して設定画面を開きます。
  2. ビジネスオブジェクトの一覧から先ほどインポートした「Data - ODBC」を選択しアクションの一覧で「Open」を選択しましょう。
    「Open」アクションは入力パラメータとして「Connection String」を必要とします。ここで先ほど設定したCData ODBC Driver のDSN 名を「"DSN=CData JSON Source"」といった形式で指定します。

ODBC 経由でデータを取得する処理を追加する

続いてJSON からデータを取得する処理を追加していきましょう。

  1. 先ほどと同じように「アクション」を追加し
  2. ビジネスオブジェクトの一覧から「Data - ODBC」を選択、アクションの一覧で「Execute」を選択しましょう。Execute ではSQL を指定して、データを取得することができます。
  3. なお、SELECT Statement で利用するテーブルやカラムの情報はODBC DSN の「テーブル」タブから確認できます。
  4. また、Blue Prism 上で取得した結果を扱えるように、処理結果を変数に格納します。出力タブにある「Results」の変数アイコンをクリックして、出力先の変数を生成し「OK」をクリックしましょう。

ODBC のクローズ処理を追加する

最後にODBC の処理を終了して、接続を開放するためにクローズ処理を追加します。

  1. 同じようにアクションを配置し
  2. ビジネスオブジェクトの一覧から「Data - ODBC」、アクションの一覧で「Close」を選択しましょう。Close では特に設定するパラメータはありません。
  3. 最後にリンクを繋いで、以下のようなプロセスができ上がります。

Excel に保存する処理を追加する

これだけではデータを取得して何も行わないので、Excel ファイルに書き込みを行ってみましょう。「Excel VBO」を使って、後続のフローを作成します。

  1. 以下のようなフローで作成しています。
  2. 「MS Excel VBO::Write Collection」のアクションで入力パラメータの「Collection」にODBC 経由で取得した「Results」を書き込んでいます。

動作確認

プロセスが完了したら「実行」ボタンをクリックして、実際に動かしてみましょう。

  1. 画面左上の実行ボタンをクリックします。
  2. 最終的に以下のようなExcel ファイルに書き込みが完了していればOK です。

このようにCData ODBC Driver for JSON とBlue Prism を組み合わせることで、簡単にJSON データを活用したフローを作成することができました。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。