今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for JSON を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

DBxtra で JSON Services に連携するダッシュボードを作成

DBxtra でJSON に連携して、ダイナミックダッシュボードでデータを分析。

CData ODBC Driver for JSON は、JSON データを標準SQL で使えるようにし、BI、帳票、ETL ツールからの連携を実現します。本記事では、DBxtra からJSON データにGeneric ODBC として接続し、レポートやダッシュボードを作成します。

JSON Services への連携

  1. If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can configure the DSN using the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the Help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

    データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

    • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

    リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

    When you configure the DSN, you may also want to set the Max Rows connection property. This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

  2. Open the DBxtra application and in the New menu click Project and name the Project.
  3. Select ODBC Connection as the Data Connection Type.
  4. Click the browse option () for the Data Source.
  5. In the Data Link Properties window, select Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers on the Provider tab.
  6. On the Connection tab, select the Data Source Name and the initial catalog to use (CData).
  7. Name the Connection and select the appropriate User Groups.
  8. Double-click the Connection from within the Project to connect to the data.

JSON Services に連携するダッシュボードの作成

You are now ready to create a dashboard with JSON services.

  1. Right-click Report Objects under the Project and select New Report Object.
  2. In the new Report Object, click the link to create the Query.
  3. In the Select Data Connection window, select the newly created data connection.
  4. On the Query tab, expand the connection objects and select the Tables, Views, and specific columns you wish to include in your dashboard. You can specify search requirements and even create complex queries which include JOINs and aggregations.
  5. On the Dashboard tab, select the visualizations and features for your dashboard. Assign the data values from the query to the appropriate fields for the Dashboards items (Values, Series, etc.)

With a new Dashboard created, you are ready to begin analysis of JSON services. Thanks to the ODBC Driver for JSON, you can refresh the Dashboard and immediately see any changes made at the source. In the same way, you can create and view Reports with live, up-to-date JSON services.

 
 
ダウンロード