今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for JSON を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Visio Shapes とJSON Services を連携

Visio master shapes での変更を自動的にJSON services に更新。

Automate the process of entering data into Visio diagrams and keeping your diagrams up to date with the CData ODBC Driver for JSON. The driver surfaces JSON services as an ODBC data source that can be accessed by applications with built-in ODBC support like Microsoft Office. This article shows how to create a simple diagram to start brainstorming about Visio projects linked to JSON services.

Connect to JSON as an ODBC Data Source

If you have not already, first specify connection properties in an ODBC DSN (data source name). This is the last step of the driver installation. You can use the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure ODBC DSNs.

データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

  • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
  • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
  • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

Connect JSON Services to Diagrams

Follow the steps below to use the Data Selector Wizard to import data into your diagram.

  1. Open Visio and click File -> New. Open the Brainstorming template.
  2. On the Data tab, click Link Data to Shapes.
  3. Select the ODBC option and select ODBC DSN.
  4. Select the DSN for JSON, select the table you want to import, and finish the wizard. This article uses people as an example.

Link JSON Entities to Shapes

Follow the steps below to create a simple diagram that shows how to create shapes from your data, one of the ways to link JSON entities to shapes:

  1. Click Brainstorming Shapes and drag a main topic onto the drawing page. Enter people as the text of the main topic.
  2. Click Topic.
  3. Select a row in the External Data window and drag it onto the drawing page.
  4. Right-click the Topic shape and click Data -> Edit Data Graphic.
  5. Click New Item.
  6. In the Data Field menu, select a column. In the Displayed As menu, select how to display them.
  7. Drag a few other JSON entities onto the drawing page and add association lines back to the main topic, people. New topics have the same configuration: Numeric columns displayed in data bars stand out in contrast to other people entities.

You can refresh your diagram from the Data tab, synchronizing your shapes with the external JSON services.

 
 
ダウンロード