Ready to get started?

Learn more about the CData ADO.NET Provider for kintone or download a free trial:

Download Now

LightSwitch Desktop アプリケーションから kintone Data に繋いでみた

kintone data との接続を使用して、LightSwitch アプリケーションを作成.



CData ADO.NET Provider for kintone は、kintone data のLightSwitch アプリケーションへの統合を可能にします。以下の手順に従って、 kintone data を画面に表示する簡単なLightSwitch デスクトップアプリケーションを作成できます。

プロジェクトからの接続およびテーブルのインポート

下記の手順に従って接続プロパティを設定し[Data Source Configuration]ウィザードのテーブルをインポートします。

  1. LightSwitch の新規プロジェクトで[外部データソースにアタッチ]をクリックします。
  2. ウィザードが表示されたら[データベース]を選択します。[接続のプロパティ]ダイアログが表示されます。
  3. [変更]をクリックし、CData kintone データソースを選択します。
  4. 接続プロパティを入力します。

    &service; に接続するには、&rpUser; および&rpPassword; を設定します。さらに、&rpUrl; を設定します。例:https://yoursitename.cybozu.com またはhttps://yoursitename.kintone.com。

    以下は一般的な接続文字列です:

    Username=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://subdomain.domain.com;GuestSpaceId=myspaceid;ApiToken=MyApiToken

    次に、パフォーマンスを向上させるためCacheLocation およびCacheMetadata プロパティを設定します。メタデータのキャッシングによって得られるパフォーマンスの向上は、LightSwitch プロジェクトと特に関連があります。エンティティモデルの作成には、すべてのテーブルおよびコラムに関するデータが必要だからです。kintone に接続する前にメタデータをキャッシュして、LightSwitch がすべてのテーブルにクエリを送る代わりに、キャッシュからテーブルスキーマを引き出せるようにします。

    プロバイダーのキャッシング機能についての詳細は、ヘルプドキュメントの「データのキャッシュ」をご覧ください。

  5. プロジェクトに追加したいテーブルを選択します。例: Comments。

画面を追加

下記の手順に従って、画面をkintone テーブルに関連付けます。この例では編集可能なグリッドを使用し、kintone data の挿入および更新を可能にします。

  1. [ソリューション エクスプローラー]の[Screens]フォルダを右クリックし、[画面の追加]をクリックします。
  2. ウィザードで[編集可能グリッド画面]テンプレートを選択します。
  3. [Screen Data]メニューで、画面に関連付けるテーブルまたはビューを選択します。例: Comments。
  4. LightSwitch アプリケーションを実行します。画面が自動的に開き、データが読み込まれます。
 
 
ダウンロード