今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for LDAP を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Sisense でリアルタイム LDAP データを連携してビジュアライズ

リアルタイムLDAP へのデータ連携が可能なSisense ElastiCube を作成します。

Sisense を使用すると、データを結合、分析、および描画して、よりインテリジェントなビジネス上の意思決定を行い、効果的な戦略を立てることができます。CData JDBC Driver for LDAP を使用すると、Sisense からリアルタイムLDAP を簡単に連携できます。ここでは、service に連携するElastiCube を作成し、ElastiCube を使用してSisense でLDAP をビジュアライズする方法を説明します。

LDAP への接続を設定

Before creating the ElastiCube, note the installation location for the JAR file for the JDBC Driver (typically C:\Program Files\CDatat\CData JDBC Driver for LDAP\lib) or copy the jar file (cdata.jdbc.ldap.LDAP.jar) to a new folder in the Sisense JDBC driver directory (typically C:\ProgramData\Sisense\DataConnectors\jdbcdrivers).

  1. In the Data page of the Sisense application, create a new ElastiCube (or open an existing one).
  2. In the Model Editor, click "+ Data" to open the Add Data dialog box.
  3. Click Generic JDBC to open the JDBC settings.
  4. Set the connection string property to the JDBC URL for LDAP, adding required properties.

    リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、高度な設定 を参照してください。

      基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
    • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
    • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
    • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
    • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the LDAP JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

    java -jar cdata.jdbc.ldap.jar

    Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

    When you configure the JDBC URL, you may also want to set the Max Rows connection property.This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

    A typical example follows:

    jdbc:ldap:User=Domain\BobF;Password=bob123456;Server=10.0.1.1;Port=389;
  5. Set the JDBC JARs folder property to the location of the CData JDBC Driver JAR file (see above).
  6. Set the driver's class name to the class name for the JDBC Driver: cdata.jdbc.ldap.LDAPDriver
  7. Leave the username and password properties blank.
  8. Click Next.

ElastiCube にLDAP Objects を追加

Once you are connected to LDAP, you can add tables and views to your ElastiCubes.

  1. From the Tables list, select the tables and/or views you wish to work with.
  2. (Optional) Click "+" to customize the data you want to import with SQL.
  3. Click Done.
  4. Click Build to build the ElastiCube for analytics.

LDAP Objects を視覚化

With LDAP tables added to your ElastiCube, you can perform analytics on your LDAP objects.

  1. Navigate to the Analytics page of the Sisense application
  2. Select a Dashboard (or create a new one)
  3. Select your Data Source and click Create
  4. Click "+ Select Data" and choose fields to add to your visualization.

With the CData JDBC Driver for LDAP, you can access live LDAP objects right in Sisense for powerful visualization and analytics.Download a free, 30-day trial and start working with LDAP objects in Sisense today!

 
 
ダウンロード