Ready to get started?

Learn more about the CData ADO.NET Provider for Open Exchange Rates or download a free trial:

Download Now

LINQ to Open Exchange Rates Data を繋いでみた

LINQ は.NET Framework 3.0以上で クエリの汎用ファシリティを提供し、CData Data Providers for ADO.NET からプログラムでデータにアクセスする簡単な方法を提供します。この記事では、LINQ を使ってOpen Exchange Rates Data Provider から情報にアクセスします。



この記事では、CData ADO.NET Data Provider for Open Exchange Rates 経由でLINQ を使ってOpen Exchange Rates テーブルにアクセスする方法を説明します。これを行うには、Entity Framework にLINQ を使います。これにより接続を作成し、あらゆる CData ADO.NET Data Providers からLINQ を使ってデータにアクセスできるようになります。

  1. Visual Studio の新規プロジェクトで、プロジェクトを右クリックし[新しい項目の追加]を選択します。[ADO.NET Entity Data Model]を追加します。
  2. [データベースから生成]を選択し、[次へ]をクリックします。
  3. [接続の追加]をクリックし、データソースタイプを "CData Open Exchange Rates Data Source" に変更します。
  4. データソースの接続情報を入力します。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • AppId
  5. エンティティ接続をApp.Config に保存する場合は、エンティティ名を設定します。この例では、OpenExchangeRatesEntities をエンティティ接続としてApp.Config に設定しています。
  6. モデル名を入力し、モデルに含めたいテーブルまたはビューを選択します。

作成したエンティティを使って、選択、更新、削除、および挿入コマンドが実行できます。例:

OpenExchangeRatesEntities context = new OpenExchangeRatesEntities(); var projectsQuery = from projects in context.Projects select projects; foreach (var result in projectsQuery) { Console.WriteLine("{0} {1} ", result.Id, result.Id); }

サポートされたLINQ のクエリ例は、ヘルプドキュメントの「LINQ およびEntity Framework」をご参照ください。

 
 
ダウンロード