今すぐお試しください!

製品の詳細CData ADO.NET Provider for Open Exchange Rates を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Open Exchange Rates をSSIS 経由でSQL サーバーにバックアップする

Open Exchange Rates 用のCData ADO.NET プロバイダーを使用して簡単にSQL サーバーへデータをバックアップします。ここでは、Open Exchange Rates をデータベースに入力する際、SSIS ワークフローを使用します。

Open Exchange Rates 用のCData ADO.NET プロバイダーはOpen Exchange Rates をバックアップ、レポート、フルテキスト検索、分析などを行うアプリケーションに接続します。

ここでは、SQL サーバー SSIS ワークフロー内でOpen Exchange Rates 用のプロバイダーを使用して、Open Exchange Rates をMicrosoft SQL サーバーデータベースに直接転送する方法を説明します。 以下のアウトラインと同じ手順を、CData ADO.NET データプロバイダーにて使用することで、SSIS 経由でSQL サーバーを直接リモートデータに接続できます。

  1. Visual Studio を開き、新しいIntegration サービスプロジェクトを追加します。
  2. ツールボックスからControl Flow 画面へ、新しいData Flow タスクを追加します。
  3. Data Flow 画面で、ツールボックスから[ADO.NET Source] と[OLE DB Destination] を追加します。

  4. 新しい接続を追加し、Open Exchange Rates 2015 用の .NET プロバイダー\CData ADO.NET プロバイダーを選択します。
  5. Connection Manager で、Open Exchange Rates 用に接続の詳細を入力します。下は一般的な接続文字列です。

    AppId=abc1234;

    Open Exchange Rates API は、App Id によるBasic 認証をサポートしています。 登録すると、App Id がアカウントダッシュボードに表示されます。 これをAppId 接続プロパティに設定してください。

  6. DataReader editor を開き、次のインフォメーションを設定します。

    • ADO.NET 接続マネージャー:Connection Manager のメニューで、先ほど作成した[Data Connection] を選択します。
    • データアクセスモード:[SQL command] を選択します。
    • SQL command テキスト:DataReader Source editor で、Component Properties タブを開き、下にあるようなSELECT command を入力します。

      SELECT Id, Statistics_ViewCount FROM Projects

  7. DataReader editor を閉じ、DataReader Source の下の矢印をドラッグして、OLE DB Destination に接続します。
  8. OLE DB Destination を開き、Destination Component Editor で次のインフォメーションを入力します。

    • コネクションマネージャー:新しい接続を追加します。接続するサーバーおよびデータベースの情報を入力します。ここでは、SQLExpress は他のマシンで運用中です。
    • データアクセスモード:データアクセスモードを[table or view] に設定し、データベースに入力するテーブルまたはビューを選択します。
  9. Mappings 画面で必要なプロパティを設定します。

  10. OLE DB Destination Editor を閉じ、プロジェクトを始動します。SSIS タスクの実行が完了すれば、 Open Exchange Rates から取得したデータが、データベースに入力されます。
 
 
ダウンロード