Ready to get started?

Learn more about the CData JDBC Driver for Oracle or download a free trial:

Download Now

Pentaho Report Designer にOracle Data を繋いでみた

Pentaho BI ツールでOracle data のレポートを作成。



CData JDBC Driver for Oracle data はダッシュボードや帳票ツールからライブデータへのアクセスを可能にします。この記事では、Oracle data をJDBC データソースとして接続する方法と、Pentaho でOracle data を元に帳票を作成する方法を説明します。

接続と帳票の作成

  1. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のJAR ファイルをコピーし、Pentaho のディレクトリ内の\Report-Designer\lib\jdbc\ フォルダに配置します。
  2. \Report-Designer\ フォルダのreport-designer.bat ファイルを起動し、Report-Designer UI を開きます。
  3. 以下の手順でドライバーを新しいデータソースに設定します。[Data]>[Add Data Source]>[Advanced]>[JDBC (Custom)]とクリックし、新しいOracle 接続を作成します。ダイアログが表示されたら、次のように接続プロパティを設定します。

    • Custom Connection URL property:JDBC URL を入力。初めに以下を入力し jdbc:oracleoci: 次にセミコロン区切りで接続プロパティを入力します。

      To connect to Oracle, you'll first need to update your PATH variable and ensure it contains a folder location that includes the native DLLs. The native DLLs can be found in the lib folder inside the installation directory. Once you've done this, set the following to connect:

      • Port: The port used to connect to the server hosting the Oracle database.
      • User: The user Id provided for authentication with the Oracle database.
      • Password: The password provided for authentication with the Oracle database.
      • Service Name: The service name of the Oracle database.

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:oracleoci:User=myuser;Password=mypassword;Server=localhost;Port=1521;
    • Custom Driver Class Name:cdata.jdbc.oracleoci.OracleOCIDriver と入力。
    • User Name:認証するユーザーネーム。
    • Password:認証するパスワード。

レポートに Oracle Data を追加

これで、Oracle data の帳票を作成する準備が整いました。

  1. 帳票にOracle データソースを追加します:[Data]>[Add Data Source]>[JDBC]をクリックし、データソースを選択します。

  2. クエリを設定します。この記事では次を使います:

    SELECT CompanyName, City FROM Customers WHERE Country = US
  3. 帳票にチャートをドラッグし、ダブルクリックしてチャートを編集します。帳票を実行して、チャートを表示します。このクエリ結果を使って、Customers テーブルのシンプルなチャートを作成することができます。
  4. 帳票を実行して、チャートを見てみましょう。
 
 
ダウンロード