NetBeans IDE でPhoenix データに仮想RDB として連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Phoenix JDBC Driver

Apache Phoenix 経由でHBase データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



データソース構成ウィザードを使ってNetBeans IDE でPhoenix に仮想DB として連携接続。



CData JDBC Driver for Phoenix は、JDBC をサポートするIDE にリアルタイムPhoenix データへの仮想DB 連携を実現します。JDBC 標準では、ビルトインのデータアクセスウィザードや、迅速な開発をサポートするその他のツールを使用できます。この記事では、NetBeans でPhoenix に接続する方法を説明します。接続を作成してロード していきます。

NetBeans にPhoenix のJDBC データソースを作成

JDBC データソースを作成するには、[Service]ウィンドウの[Database]ノードを展開し、[Drivers]ノードを右クリックして[New Driver]を選択します。[New Driver]ウィザードが表示されたら、以下の情報を入力します:

  • Driver File(s):[Add]をクリックして、ファイルエクスプローラダイアログが表示されたらcdata.jdbc.apachephoenix.jar ファイルを選択。ドライバーのJAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  • Driver Class:[Find]をクリックしてJAR 内のドライバークラスを検索し、cdata.jdbc.apachephoenix.ApachePhoenixDriver をメニューから選択。
  • Name:ドライバーの名前を入力。

接続パラメータを定義

下記の手順に従って、必要な接続プロパティを定義します:

  1. [Service]ウィンドウで、[Database]ノードを右クリックし[New Connection]をクリックします。

  2. [New Connection]ウィザードで次の接続プロパティを入力します:

    • Driver Name:CData JDBC Driver for Phoenix を選択。
    • User Name:ユーザーネームを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • Password:パスワードを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • JDBC URL:JDBC URL を指定。

      Connect to Apache Phoenix via the Phoenix Query Server. Set the Server and Port (if different from the default port) properties to connect to Apache Phoenix. The Server property will typically be the host name or IP address of the server hosting Apache Phoenix.

      Authenticating to Apache Phoenix

      By default, no authentication will be used (plain). If authentication is configured for your server, set AuthScheme to NEGOTIATE and set the User and Password properties (if necessary) to authenticate through Kerberos.

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:apachephoenix:Server=localhost;Port=8765;

リアルタイムPhoenix データをクエリ

Phoenix に接続するには、[Database]ノードにある接続を右クリックし[Connect]をクリックします。接続が確立されたら、展開してスキーマ情報を見ることができます。

[Data Views]ウィンドウにテーブルをロードするには、テーブルを右クリックしてから[View Data]をクリックします。。