Tomcat Connection Pool にCData JDBC Driver for QuickBooks POS を設定してデータ連携

Ready to get started?

Download for a free trial:

Download Now

Learn more:

QuickBooks POS JDBC Driver

QuickBooks Point of Sale への完全な読み書きアクセスにより、任意のJava / J2EEアプリケーションから検索(顧客、トランザクション、請求書、販売レシートなど)、アイテムの更新、顧客の編集などを実行できます。



Tomcat Connection Pool からQuickBooks POS に連携接続。



CData JDBC Drivers は標準JDBC インターフェースをサポートし、JVM 上で実行されるWeb アプリケーションに統合します。この記事では、Tomcat のConnection Pool からQuickBooks POS に接続する方法について詳しく説明します。

Tomcat のConnection Pool 経由でQuickBooks POS データに接続

  1. CData JAR およびCData .lic ファイルを$CATALINA_HOME/lib にコピーします。CData JAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  2. コンテキストにリソースの定義を追加します:

    ローカルQuickBooks インスタンスに接続する場合は、接続プロパティを設定する必要はありません。

    本製品 はリモートコネクタ経由でQuickBooks にリクエストを作成します。リモートコネクタはQuickBooks POS と同じマシン上で動作し、軽量の組み込みWeb サーバーを介して接続を受け入れます。サーバーはSSL/TLS をサポートし、ユーザーにリモートマシンからのセキュアな接続を可能にします。

    初めて接続するときは、リモートコネクタをQuickBooks POS で認可する必要があります。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    <Resource name="jdbc/quickbookspos" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverClassName="cdata.jdbc.quickbookspos.QuickBooksPOSDriver" factory="org.apache.tomcat.jdbc.pool.DataSourceFactory" url="jdbc:quickbookspos:" maxActive="20" maxIdle="10" maxWait="-1" />

    一つのアプリケーションからQuickBooks POS へのアクセスを許可するには、上のコードをアプリケーションのMETA-INF ディレクトリにあるcontext.xml に追加します。

    共有リソースの設定には、上のコードを$CATALINA_BASE/conf 内にあるcontext.xml に追加します。共有リソースの設定は、すべてのアプリケーションにSalesforce への接続を提供します。

  3. アプリケーションのweb.xml にリソースへの参照を追加します。 QuickBooks POS data JSP jdbc/QuickBooksPOS javax.sql.DataSource コンテナ
  4. Connection pool からの接続の初期化: Context initContext = new InitialContext(); Context envContext = (Context)initContext.lookup("java:/comp/env"); DataSource ds = (DataSource)envContext.lookup("jdbc/QuickBooksPOS"); Connection conn = ds.getConnection();

そのほかのTomcat へのデータ連携ドライバーの統合

上記の手順では、簡単なコネクションプーリングのシナリオでQuickBooks POS に接続する方法を説明しました。ほかの使用例や情報については、 Tomcat 製品ドキュメントの 「JNDI Datasource How-To」をご覧ください。