Ready to get started?

Learn more about the CData Excel Add-In for REST or download a free trial:

Download Now

Excel データをREST に移行

この記事では、Excel Add-In for REST をつかって、Excel からデータを REST に移行する方法を説明します。

CData Excel Add-In for REST を使えば、Excel から直接REST data への編集や保存が可能になります。この記事では、Excel から REST にデータを移行する方法を説明します。 REST のデータを一度Excel にエクスポートして編集・データソースの一括更新を行えるだけではなく、Excel スプレッドシートに保存されているデータを一括でREST にインポートすることも可能です。 今回の記事では、people テーブルを使います。同じことが、CData Excel Add-In で取得できるすべてのテーブルに対して実行可能です。

接続の確立

REST への接続には、Excel Add-in をインストールしたExcel の[CDATA]タブ→[REST]アイコンをクリックします。

See the Getting Started chapter in the data provider documentation to authenticate to your data source: The data provider models REST APIs as bidirectional database tables and XML/JSON files as read-only views (local files, files stored on popular cloud services, and FTP servers). The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, NTLM, OAuth, and FTP. See the Getting Started chapter in the data provider documentation for authentication guides.

After setting the URI and providing any authentication values, set Format to "XML" or "JSON" and set DataModel to more closely match the data representation to the structure of your data.

The DataModel property is the controlling property over how your data is represented into tables and toggles the following basic configurations.

  • Document (default): Model a top-level, document view of your REST data. The data provider returns nested elements as aggregates of data.
  • FlattenedDocuments: Implicitly join nested documents and their parents into a single table.
  • Relational: Return individual, related tables from hierarchical data. The tables contain a primary key and a foreign key that links to the parent document.

See the Modeling REST Data chapter for more information on configuring the relational representation. You will also find the sample data used in the following examples. The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

REST データの取得

REST にデータを挿入するには、まず該当するREST のテーブルを取得します。これによりExcel スプレッドシートとREST のテーブルが連携した状態になります。取得したテーブルに対し変更、もしくは追加した部分は文字が赤でハイライトされます。

  1. CData リボンからREST ボタンをクリックします。データ選択ウィザードが表示されます。
  2. テーブルもしくはビューメニューから、people テーブルを選択します。
  3. [最大行数]に、取得したい最大行数を入力します。データの一括入力だけが目的の場合は1行だけを取得すれば十分です。リクエストどおりにクエリ欄にSQL クエリが表示されます。
  4. [シート名]に作成されるシートの名前を入力します。デフォルトでは、取得するテーブル名が新しいシート名になります。

Insert Rows to REST

データ取得後、既存のExcel で保存されているデータを取得したテーブルの下に追加していきます。

  1. テーブルの最終行の下の行に、他のシートを参照する式を入力します。例:=MypeopleSheetInExcel!A1
  2. REST に挿入するセルを参照する式を入力し、セルを取得する行数分ドラグダウンします。テーブルに参照された値が表示されます。
  3. 挿入する行を選択して、CDATA リボンの[行を挿入]ボタンをクリックします。

各行の挿入が完了すると、Id の値が表示され、追加した値の文字が赤から黒に変わります。

 
 
ダウンロード