CData BizTalk Adapter for Sage US の要請応答送信ポートを構成

アダプタ for Sage US を要請応答送信ポートと共に使用して、BizTalk でアップデートグラムとデータ操作 SQL を実行します。

ここでは、CData BizTalk Adapter for Sage US を使用し、静的な要請応答送信ポートを作成、構成、テストする手順を説明します。静的な要請応答送信ポートを使用してコマンドを実行し、BizTalk の結果にアクセスすることができます。送信ポートを使用することで、アップデートグラムコマンド、SQL コマンド、ストアドプロシージャ操作を実行できます。

送信ポートを作成し構成する

静的な要請応答送信ポートを作成し、アダプタをトランスポートタイプとして使用するように構成します。

  1. 未実行の場合、BizTalk 管理コンソールで BizTalk アプリケーションを開きます。
  2. BizTalk アプリのノードで、[Send Ports]を右クリックし、[New]->[Static Solicit-Response Send Port]を選択すると、送信ポートプロパティのダイアログが表示されます。
  3. 送信ポートのプロパティで、受信ポートの名前を入力します。
  4. [Transport Type]メニューで、CData.Sage50US を選択します。
  5. [Send Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruTransmit]を選択します。
  6. [Receive Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruReceive]を選択します。

アダプタを構成する

[Transport Properties]ダイアログで、アダプタが実行するコマンドを定義します。

  1. 送信ポートのプロパティで、[Configure]ボタンをクリックします。アダプタのトランスポートプロパティダイアログが表示されます。
  2. [CommandType]プロパティで、実行したいコマンドタイプを選択します。
  3. SQL コマンドを実行したい場合は、[SQL Command]のボックスにコマンドを入力してください。
プロパティとその機能についての説明は、ヘルプドキュメントの[Adapter Configuration]を参照してください。

Sage US への接続を構成する

[Connection String Options]ダイアログで、Sage US への接続に必要な資格情報とその他のプロパティを設定します。

  1. 送信ポートのプロパティで、[Configure]をクリックします。アダプタのプロパティダイアログが表示されます。
  2. [Connection String]プロパティのボタンをクリックします。[Connection String Options]ダイアログが表示されます。
  3. 接続プロパティを入力します。下は一般的な接続文字列です。

    ApplicationId=8dfafu4V4ODmh1fM0xx;CompanyName=Bellwether Garden Supply - Premium;

    データソースとしてSage に接続するには、Application Id およびCompany Name 接続文字列オプションが必要です。Sage に直接連絡して、Sage 50 SDK へのアクセスを要求するとApplication Id を取得できます。

    Sage がマシンにインストールされている必要があります。Sage.Peachtree.API.dll とSage.Peachtree.API.Resolver.dll アセンブリが必要です。これらのアセンブリは、Sage と一緒にC:\Program Files\Sage\Peachtree\API\ にインストールされます。さらに、Sage SDK には.NET Framework 4.0 が必要で、32-bit アプリケーションのみ互換性があります。Visual Studio でSage SDK を使用するには、[プロジェクト]->[プロパティ]->[ビルド]でPlatform Target プロパティを"x86" に設定します。

    会社データへのアクセスをアプリケーションに許可する必要があります: アプリケーションにSage へのアクセスを許可するには、Sage アプリケーションを再起動し、アクセスする会社を開いて、アプリケーションに接続します。その後、表示されるダイアログでアプリケーションのアクセス許可を設定するように要求されます。

    コンパイルされた実行ファイルは一度だけ認証を必要としますが、開発中はこのプロセスに従って新しいビルドを再認証する必要がある場合があります。

  4. [Test Connection]をクリックして値を確認し、接続を確認します。
プロパティとその機能の説明については、ヘルプドキュメントの[Connection String Options]チャプターを参照してください。
アダプタfor Sage US のアップデートグラムチュートリアル]では、要請応答送信ポートを使用して、Sage US にアップデートグラムを挿入するシンプルなアプリケーションを作成する手順を説明します。
 
 
ダウンロード