AWS Glue Jobs からSage US データにJDBC 経由でデータ連携

Amazon S3 でホストされているCData JDBC ドライバーを使用してAWS Glue ジョブからSage US にデータ連携。

AWS Glue はAmazon のETL サービスであり、これを使用すると、簡単にデータプレパレーションを行い、ストレージおよび分析用に読み込むことができます。AWS Glue と一緒にPySpark モジュールを使用すると、JDBC 接続を経由でデータを処理するジョブを作成し、そのデータをAWS データストアに直接読み込むことができます。ここでは、CData JDBC Driver for Sage US をAmazon S3 バケットにアップロードし、Sage US からデータを抽出してCSV ファイルとしてS3 に保存するためのAWS Glue ジョブを作成して実行する方法について説明します。

CData JDBC driver for Sage US をAmazon S3 バケットにアップロード

CData JDBC Driver for Sage US をAWS Glue から使用するには、ドライバーの.jar ファイル(および必要なライセンスファイル)をAmazon S3 のバケットに配置する必要があります。

  1. Amazon S3 コンソールを開きます。
  2. バケットを選択、もしくは作成します。
  3. [アップロード]をクリックします。
  4. JDBC Driver の.jar ファイル(cdata.jdbc.sage50us.jar) をインストールディレクトリのlib フォルダから選択してアップロードします。

Amazon Glue Job を設定

  1. [分析]->[AWS Glue]をクリックします。
  2. AWS Glue コンソールで、[ETL]->[ジョブ]をクリックします。
  3. [ジョブの追加]をクリックして新しいGlue ジョブを作成します。
  4. ジョブのプロパティを設定します:
    • 名前: Sage50USGlueJob など任意のジョブ名
    • IAM ロール: AWSGlueServiceRole もしくは AmazonS3FullAccessSelect の権限があるIAM ロールを設定(JDBC Driver がAmazon S3 バケットにあるため)。
    • Type: [Spark]を選択。
    • Glue version: ドロップダウンからバージョンを選択。
    • このジョブ実行: [ユーザーが作成する新しいスクリプト]を選択。
      スクリプトプロパティの設定:
      • スクリプトファイル名: GlueSage50USJDBC などのスクリプトファイル名。
      • スクリプトが保存されているS3 パス: S3 バケットを入力もしくは選択。
      • 一時ディレクトリ: S3 バケットを入力もしくは選択
    • ETL 言語: [Python]を選択
    • セキュリティ設定、スクリプトライブラリおよびジョブパラメータを展開。依存JARS パスは、JDBC の.jar ファイルをアップロードしたS3 バケットに設定。.jar ファイル名 s3://mybucket/cdata.jdbc.sage50us.jar も含めます。
  5. [次へ]をクリックすると、ほかのAWS エンドポイントへの接続オプション追加ができます。Redshift、MySQL などに接続する際にはここで接続を作成できます。
  6. [ジョブの保存とスクリプトの編集]をクリックします。
  7. 開いたエディタで、Python スクリプトを記述します。サンプルは以下です。

サンプルGlue スクリプト

CData JDBC driver でSage US に接続するには、JDBC URL を作成します。さらにライセンスとしてJDBC URL にRTK プロパティを設定する必要があります。RTK は通常のライセンスと異なりますので、CData まで直接ご連絡をください。

The Application Id and Company Name connection string options are required to connect to Sage as a data source. You can obtain an Application Id by contacting Sage directly to request access to the Sage 50 SDK.

Sage must be installed on the machine. The Sage.Peachtree.API.dll and Sage.Peachtree.API.Resolver.dll assemblies are required. These assemblies are installed with Sage in C:\Program Files\Sage\Peachtree\API\. Additionally, the Sage SDK requires .NET Framework 4.0 and is only compatible with 32-bit applications. To use the Sage SDK in Visual Studio, set the Platform Target property to "x86" in Project -> Properties -> Build.

You must authorize the application to access company data: To authorize your application to access Sage, restart the Sage application, open the company you want to access, and connect with your application. You will then be prompted to set access permissions for the application in the resulting dialog.

While the compiled executable will require authorization only once, during development you may need to follow this process to reauthorize a new build. To avoid restarting the Sage application when developing with Visual Studio, click Build -> Configuration Manager and uncheck "Build" for your project.

ビルトイン接続文字列デザイナー

JDBC URL の作成をサポートするビルトインの接続文字列デザイナーがあります。ドライバーの.jar ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインで.jar ファイルを実行するとデザイナーが開きます。

java -jar cdata.jdbc.sage50us.jar

必要項目を入力すると、デザインs-下部に接続文字列が生成されますのでクリップボードにコピーして使います。

CData JDBC driver をPySpark で使用して、AWS Glue モジュールでSage US データを取得して、S3 にCSV 形式で保存するシンプルなスクリプト例は以下です。.

import sys from awsglue.transforms import * from awsglue.utils import getResolvedOptions from pyspark.context import SparkContext from awsglue.context import GlueContext from awsglue.dynamicframe import DynamicFrame from awsglue.job import Job args = getResolvedOptions(sys.argv, ['JOB_NAME']) sparkContext = SparkContext() glueContext = GlueContext(sparkContext) sparkSession = glueContext.spark_session ##Use the CData JDBC driver to read Sage US data from the Customer table into a DataFrame ##Note the populated JDBC URL and driver class name source_df = sparkSession.read.format("jdbc").option("url","jdbc:sage50us:RTK=5246...;ApplicationId=8dfafu4V4ODmh1fM0xx;CompanyName=Bellwether Garden Supply - Premium;").option("dbtable","Customer").option("driver","cdata.jdbc.sage50us.Sage50USDriver").load() glueJob = Job(glueContext) glueJob.init(args['JOB_NAME'], args) ##Convert DataFrames to AWS Glue's DynamicFrames Object dynamic_dframe = DynamicFrame.fromDF(source_df, glueContext, "dynamic_df") ##Write the DynamicFrame as a file in CSV format to a folder in an S3 bucket. ##It is possible to write to any Amazon data store (SQL Server, Redshift, etc) by using any previously defined connections. retDatasink4 = glueContext.write_dynamic_frame.from_options(frame = dynamic_dframe, connection_type = "s3", connection_options = {"path": "s3://mybucket/outfiles"}, format = "csv", transformation_ctx = "datasink4") glueJob.commit()

Glueジョブを実行する

スクリプト記述後、Glue ジョブを実行します。実行した取得/ロードのジョブが完了するとAWS Glue コンソールのジョブページでステータスが確認できます。成功するとS3 バケットにSage US データのCSV ファイルが生成されています。

このようにCData JDBC Driver for Sage US をAWS Glue で使用することで、Sage US データをAWS Glue で自在に扱うことができます。Glue の外部データへの接続性を拡張するJDBC Driver を是非お試しください。

 
 
ダウンロード