Crystal Reports でSage US Data の帳票を作成

レポートウィザードを使って、最新のSage US data データを使った帳票を作成。



Crystal Reports には、JDBC 標準向けのサポートが組み込まれています。この記事では、Sage US data の機能を持つ帳票を作成するレポート作成ウィザードの使い方を説明します。

JDBC Driver のインストール

CData JDBC Driver for Sage US を、ドライバーのJAR をCrystal Reports のクラスパスに含めてインストール:DataDriverCommonElement の下のClassPath element のパスに、 .jar を含むファイルのフルパスを追加します。

CRConfig.xml は通常C:\Program Files (x86)\SAP BusinessObjects\SAP BusinessObjects Enterprise XI 4.0\java に配置されます。— パスはインストールによって若干異なる場合があります。ドライバーのJAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。

ClassPath にJAR を追加したら、Crystal Reports を再起動します。

Sage US Data に接続

下記の手順に従って、レポート作成ウィザードを使ってSage US 接続を作成します。

  1. 新しい空の帳票で、[Create New Connection]>[JDBC (JNDI)]をクリックします。
  2. ウィザードでJDBC 接続URL を選択します。

    jdbc:sage50us:ApplicationId=8dfafu4V4ODmh1fM0xx;CompanyName=Bellwether Garden Supply - Premium;
  3. ドライバーのクラス名を設定:

    cdata.jdbc.sage50us.Sage50USDriver

    The Application Id and Company Name connection string options are required to connect to Sage as a data source. You can obtain an Application Id by contacting Sage directly to request access to the Sage 50 SDK.

    Sage must be installed on the machine. The Sage.Peachtree.API.dll and Sage.Peachtree.API.Resolver.dll assemblies are required. These assemblies are installed with Sage in C:\Program Files\Sage\Peachtree\API\. Additionally, the Sage SDK requires .NET Framework 4.0 and is only compatible with 32-bit applications. To use the Sage SDK in Visual Studio, set the Platform Target property to "x86" in Project -> Properties -> Build.

    You must authorize the application to access company data: To authorize your application to access Sage, restart the Sage application, open the company you want to access, and connect with your application. You will then be prompted to set access permissions for the application in the resulting dialog.

    While the compiled executable will require authorization only once, during development you may need to follow this process to reauthorize a new build. To avoid restarting the Sage application when developing with Visual Studio, click Build -> Configuration Manager and uncheck "Build" for your project.

帳票をデザイン

JDBC 接続をSage US に追加したら、レポート作成ウィザードを使ってSage US data を帳票に追加できます。

  1. 帳票に必要なテーブルやフィールドを選択して、データソースを設定します。この例では、Customer テーブルのName およびLastInvoiceAmount カラムを使います。

  2. チャートの種類を設定 例えば、Name カラムの値をアグリゲートする棒グラフを作成します。チャートに名前を付けたら、[On change of]メニューからCustomer.Name を選択します。[Show summary]メニューでSUM 関数およびCustomer.LastInvoiceAmount を選択します。 ウィザードを完了すると、Crystal Reports はSage US data に実行されるSQL クエリをビルドします。ドライバーは、ライブSage US data に対してクエリを実行します。

  3. 必要に応じて、ほかのフィルタや帳票テンプレートを設定します。

完成した帳票をプレビューして、チャートにデータが入っていることを確認します。Null 値を取り除きたい場合は、SelectionFormula を使います。

 
 
ダウンロード