DBArtisan でSage US データに連携

DBArtisan のウィザードを使って、Sage US をデータソースとして連携利用。

CData ODBC Driver for Sage US は、DBArtisan などのデータベースツールとSage US data を連携し、RDB のような感覚でSage US データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でSage US データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にSage US Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、Sage US への接続に必要なプロパティを設定します。

The Application Id and Company Name connection string options are required to connect to Sage as a data source. You can obtain an Application Id by contacting Sage directly to request access to the Sage 50 SDK.

Sage must be installed on the machine. The Sage.Peachtree.API.dll and Sage.Peachtree.API.Resolver.dll assemblies are required. These assemblies are installed with Sage in C:\Program Files\Sage\Peachtree\API\. Additionally, the Sage SDK requires .NET Framework 4.0 and is only compatible with 32-bit applications. To use the Sage SDK in Visual Studio, set the Platform Target property to "x86" in Project -> Properties -> Build.

You must authorize the application to access company data: To authorize your application to access Sage, restart the Sage application, open the company you want to access, and connect with your application. You will then be prompted to set access permissions for the application in the resulting dialog.

While the compiled executable will require authorization only once, during development you may need to follow this process to reauthorize a new build. To avoid restarting the Sage application when developing with Visual Studio, click Build -> Configuration Manager and uncheck "Build" for your project.

次の方法で、プロジェクトにSage US データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してSage US への接続を完了します。Sage US のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにSage US データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。

 
 
ダウンロード