SSIS を使ってSage 300 データをSQL Server にインポート

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Sage 300 SSIS Components

パワフルなSSIS Source & Destination Components で、SQL Server とSage 300 をSSIS ワークフローで連携。

Sage 300 Data Flow Components を使って、Sage 300 のInvoices、Receipts、Refunds を簡単に同期。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフロー自動化に最適!



SSIS components for Sage 300 を使用して簡単にSQL Server へSage 300 をバックアップします。

SQL Server に基幹業務データのバックアップを保管しておくことは、ビジネス上のセーフティネットとなります。また、ユーザーはSQL Server のバックアップデータからレポーティングや分析を簡単に行うことができます。

ここでは、SQL サーバー SSIS ワークフロー内でCData SSIS Tasks for Sage 300 を使用して、Sage 300 データをMicrosoft SQL Server データベースに転送する方法を説明します。

Components の追加

開始するには、新しいSage 300 ソースとSQL Server ADO.NET 転送先を新しいデータフロータスクに追加します。

新しいコネクションマネジャーを作成

以下のステップに従って、接続マネジャーでSage 300 接続プロパティを保存します。

  1. Connection Manager ウィンドウで、右クリックで[New Connection] を選択します。Add SSIS Connection Manager ダイアログが表示されます。
  2. [Connection Manager type]メニューでSage300 を選択します。CData Sage 300 Connection Manager が表示されます。
  3. 接続プロパティを構成します。

    Sage 300 requires some initial setup in order to communicate over the Sage 300 Web API.

    • Set up the security groups for the Sage 300 user. Give the Sage 300 user access to the option under Security Groups (per each module required).
    • Edit both web.config files in the /Online/Web and /Online/WebApi folders; change the key AllowWebApiAccessForAdmin to true. Restart the webAPI app-pool for the settings to take.
    • Once the user access is configured, click https://server/Sage300WebApi/ to ensure access to the web API.

    Authenticate to Sage 300 using Basic authentication.

    Connect Using Basic Authentication

    You must provide values for the following properties to successfully authenticate to Sage 300. Note that the provider reuses the session opened by Sage 300 using cookies. This means that your credentials are used only on the first request to open the session. After that, cookies returned from Sage 300 are used for authentication.

    • Url: Set this to the url of the server hosting Sage 300. Construct a URL for the Sage 300 Web API as follows: {protocol}://{host-application-path}/v{version}/{tenant}/ For example, http://localhost/Sage300WebApi/v1.0/-/.
    • User: Set this to the username of your account.
    • Password: Set this to the password of your account.

Sage 300 Source の構成

以下のステップに従って、Sage 300 の抽出に使用するクエリを指定します。

  1. Sage 300 ソースをダブルクリックしてソースコンポーネントエディタを開きます。
  2. [Connection Manager]メニューで、以前作成した接続マネジャーを選択します。
  3. データの書き出しに使用するクエリを指定します。例: SELECT InvoiceUniquifier, ApprovedLimit FROM OEInvoices WHERE AllowPartialShipments = 'Yes'
  4. Sage 300 Source コントロールを閉じて、ADO.NET Destination に接続します。

SQL Server Destination を構成する

以下のステップに従って、Sage 300 をロードするSQL サーバーテーブルを指定します。

  1. ADO.NET Destination を選択して、新しい接続を追加します。接続するサーバーおよびデータベースの情報を入力。
  2. Data access モードメニューで、[table or view]を選択します。
  3. [Table Or View]メニューで、設定するテーブルまたはビューを選択します。
  4. [Mappings]画面で必要なプロパティを設定します。

プロジェクトの実行

プロジェクトを実行できるようになりました。SSIS Task の実行が完了すると、データベースにSage 300 データが入力されます。