今すぐお試しください!

製品の詳細SAP ERP PowerShell Cmdlets を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

PowerShell でSAP Data データをCSV に落としてみた

標準PowerShell cmdlets を使ってSAP テーブルにアクセス。

CData Cmdlets Module for SAP は、直感的なSAP データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、SAPERP Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

Creating a Connection to Your SAP Data

SAP への接続はlibrfc32.dll、librfc32u.dll、NetWeaver、Web Services (SOAP) のどれかで行います。 ConnectionType 接続プロパティをCLASSIC (librfc32.dll)、CLASSIC_UNICODE (librfc32u.dll)、NETWEAVER、SOAP に設定します。

SOAP を使う場合、Client、RFCUrl、SystemNumber、User、Password のプロパティを設定します。

それ以外の方法の場合、Host、User、Password、Client、SystemNumber を指定します。

Note: librfc32.dll やその他のSAP 接続には対応しておりません。SAP インストールから対応する接続モジュールをマシンにインストールしておいてください。

詳細情報はobtaining the connection properties を参照してください。

$conn = Connect-SAPERP  -Host "$Host" -User "$User" -Password "$Password" -Client "$Client" -System Number "$System Number" -ConnectionType "$ConnectionType" -Location "$Location"

Selecting Data

Follow the steps below to retrieve data from the MARA table and pipe the result into to a CSV file:

Select-SAPERP -Connection $conn -Table MARA | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\myMARAData.csv -NoTypeInformation

You will notice that we piped the results from Select-SAPERP into a Select-Object cmdlet and excluded some properties before piping them into an Export-Csv cmdlet. We do this because the CData Cmdlets append Connection, Table, and Columns information onto each "row" in the result set, and we do not necessarily want that information in our CSV file.

The Connection, Table, and Columns are appended to the results in order to facilitate piping results from one of the CData Cmdlets directly into another one.
 
 
ダウンロード