SAP Netweaver Gateway データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

SAP Netweaver Gateway ADO.NET Provider

SAP Netweaver Gateway に連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



SAP Netweaver Gateway 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、SAP Netweaver Gateway をチャートに入力します。

SAP Netweaver Gateway 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

SAP Gateway はBasic 認証とOAuth 2.0 認証の両方を許可します。Basic 認証を使用して自分のアカウントに接続するか、OAuth を使用して他のユーザーが彼らのアカウントでサービスからデータを取得できるようにすることができます。基本となる認証情報に加え、SAP Gateway テーブルへのアクセスには以下の追加プロパティが必要です。

  • Url: 環境のURL、またはサービスの完全URL に設定。例えば、完全URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/。この例では、環境URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com。
  • Namespace: 適切なService Namespace を設定。先ほどの例では、IWBEP が名前空間です。サービスへの完全URL が指定されている場合は任意です。
  • Service: データを取得するサービスに設定。先ほどの例では、サービスはGWSAMPLE_BASIC です。完全URL が指定されている場合は必須ではありません。

Basic 認証での認証

Basic 認証では、自分のログインクレデンシャルを使用して接続します。次のプロパティを設定します。

  • User: これはSAP Gateway へのログインに使用するユーザー名です。
  • Password: これはSAP Gateway へのログインに使用するパスワードです。

OAuth 認証での認証

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、本製品はデフォルトブラウザでSAP Gateway OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品が以下のOAuth プロセスを完了します。 他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、SAP Netweaver Gateway でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。SAPGatewayDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (SAPGatewayConnection connection = new SAPGatewayConnection( "User=user;Password=password;URL=https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/;")) { SAPGatewayDataAdapter dataAdapter = new SAPGatewayDataAdapter( "SELECT ProductID, Quantity FROM SalesOrderLineItems WHERE Quantity < 15", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Quantity" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "ProductID"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではSAP Netweaver Gateway でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。SAPGatewayDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (SAPGatewayConnection connection = new SAPGatewayConnection( "User=user;Password=password;URL=https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/;")) { SAPGatewayDataAdapter SAPGatewayDataAdapter1 = new SAPGatewayDataAdapter("SELECT ProductID, Quantity FROM SalesOrderLineItems WHERE Quantity < 15", connection); DataTable table = new DataTable(); SAPGatewayDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Quantity" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "ProductID"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }