Redash でSAP Netweaver Gateway データに連携するインタラクティブなダッシュボードを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

API Server



CData Connect Cloud を使ってSAP Netweaver Gateway データの仮想MySQL エンドポイントを作成して、Redash からSAP Netweaver Gateway データを使ったインタラクティブダッシュボードを作成する方法。

Redash は、ユーザーがインタラクティブなダッシュボードを作成できるオープンソースのBI ツールです。Redash とCData Connect Cloud を一緒に使うことで、簡単にSAP Netweaver Gateway データに連携したビジュアライズ、ダッシュボードを作成することができます。この記事では、CData Connect Cloud を経由してRedash からSAP Netweaver Gateway に連携するダッシュボードを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、SAP Netweaver Gateway データのクラウド to クラウドの仮想MySQL インターフェースを提供し、Redash からリアルタイムにSAP Netweaver Gateway データへ連携することができます。Redash に保存されたデータはスケジュールで更新可能で常にアップデートされたデータを保持することができます。

SAP Netweaver Gateway の仮想MySQL データベースを作成

まずCData Connect Cloud でデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行います。

  1. CData Connect Cloud にログインして、Databases をクリックします。
  2. 利用できるデータソースアイコンから"SAP Netweaver Gateway" を選択します。
  3. SAP Netweaver Gateway に接続するために必要なプロパティを入力します。

    SAP Gateway はBasic 認証とOAuth 2.0 認証の両方を許可します。Basic 認証を使用して自分のアカウントに接続するか、OAuth を使用して他のユーザーが彼らのアカウントでサービスからデータを取得できるようにすることができます。基本となる認証情報に加え、SAP Gateway テーブルへのアクセスには以下の追加プロパティが必要です。

    • Url: 環境のURL、またはサービスの完全URL に設定。例えば、完全URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/。この例では、環境URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com。
    • Namespace: 適切なService Namespace を設定。先ほどの例では、IWBEP が名前空間です。サービスへの完全URL が指定されている場合は任意です。
    • Service: データを取得するサービスに設定。先ほどの例では、サービスはGWSAMPLE_BASIC です。完全URL が指定されている場合は必須ではありません。

    Basic 認証での認証

    Basic 認証では、自分のログインクレデンシャルを使用して接続します。次のプロパティを設定します。

    • User: これはSAP Gateway へのログインに使用するユーザー名です。
    • Password: これはSAP Gateway へのログインに使用するパスワードです。

    OAuth 認証での認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、本製品はデフォルトブラウザでSAP Gateway OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品が以下のOAuth プロセスを完了します。 他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

  4. Test Database をクリックします。
  5. Privileges -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。

Redash にCData Connect Cloud のコネクションを追加

続いてCData Connect Cloud への接続をRedash に追加します。Redash では MySQLインターフェースを用いてCData Connect Cloudに接続します。

  1. 管理画面にログインして、「Data Sources」に移動し、CData Connect を新しいデータソースに追加します。
  2. 「+ New Data Source」をクリックし
  3. データソースの一覧から「MySQL (Amazon RDS)」を選択します。ここがRedash からCData Connect Cloud に接続するためのポイントです。CData Connect Cloud はSSL による接続が必須となるため、通常のRedash の「MySQL」接続ではうまく接続することができません。そのため「MySQL (Amazon RDS)」を使用します。
  4. 「MySQL (Amazon RDS)」の設定画面では以下の通り必要な情報を入力し、「Create」をクリックします。この時に「UseSSL」をONにします。
  5. 作成後、「Test Connection」をクリックして、接続状態を確認しましょう。「Success」のメッセージが表示されればOKです。

Query の作成

対象のデータソースに接続して、データの取得を行うQueryを実行します。

  1. 「Create」タブから「New Query」をクリックします。
  2. 対象のデータソースを選択して、データ取得のためのSQL 文を入力します。取得できるテーブルは一覧で確認できます。
  3. 入力後、「Execute」を実行することで、CData Connectを経由し、SAP Netweaver Gateway のデータをシームレスにRedashへ読み込むことができます。
  4. あとはVisualization Editorを駆使して、SAP Netweaver Gateway のデータからグラフを作成し、分析することができます。
  5. 作成したQuery はRefresh Schedule の設定で定期的に最新データに更新することが可能です。

クラウドアプリケーションからSAP Netweaver Gateway データにSQL アクセスを実現

このようにRedash からSAP Netweaver Gateway データにクラウド-to-クラウドでの連携ができました。これで簡単にビジュアライズ、やダッシュボード作成が可能です。他にも多くのSaaS に対応するCData Connect Cloud の詳細をConnect Cloud からご覧ください。