CData Mule コネクタをオンプレミスまたはクラウドにデプロイ

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

SAP Netweaver Gateway MuleSoft Connector



CData MuleSoft Connector for SAP Netweaver Gateway をMule アプリケーションに埋め込み、MuleSoft CloudHub またはオンプレミスサーバーにデプロイ。

CData Mule Connector for SAP Netweaver Gateway は、SAP Netweaver Gateway データをMule アプリケーションに接続し、身近なSQL クエリで読み、書き、更新、削除機能を有効にします。Connector を使用することで、ユーザーはライブSAP Netweaver Gateway データにアクセスできるMule アプリケーションを簡単に作成できます。また、内部アクセスのためのオンプレミスサーバーへのデプロイや、ダイレクトクラウドアクセスのためのMuleSoft CloudHub へのデプロイが可能になります。

Mule アプリへのSAP Netweaver Gateway 接続を追加する

この記事では、CData Mule Connector for SAP Netweaver Gateway をアプリケーションに組み込み、そのアプリケーションをMuleSoft CloudHub およびオンプレミスサーバーにデプロイする手順を説明します。CData SAP Netweaver Gateway Connector に加えて、Mule およびAnypoint Studio をインストールする必要があります。

SAP Netweaver Gateway 接続を埋め込む

以下のステップは、SAP Netweaver Gateway Connector をプロジェクトに追加し、接続とコネクタを構成する方法の概要です。

  1. Anypoint Studio で新しいMule プロジェクトを作成します。
  2. CData SAP Netweaver Gateway Connector をアプリケーションに追加します。
  3. 新しいConnection を作成(または既存のものを編集)し、SAP Netweaver Gateway に接続するプロパティを設定します。(以下を参照)接続を設定したら、「Test Connection」をクリックしてSAP Netweaver Gateway への接続を確認します。

    SAP Gateway はBasic 認証とOAuth 2.0 認証の両方を許可します。Basic 認証を使用して自分のアカウントに接続するか、OAuth を使用して他のユーザーが彼らのアカウントでサービスからデータを取得できるようにすることができます。基本となる認証情報に加え、SAP Gateway テーブルへのアクセスには以下の追加プロパティが必要です。

    • Url: 環境のURL、またはサービスの完全URL に設定。例えば、完全URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/。この例では、環境URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com。
    • Namespace: 適切なService Namespace を設定。先ほどの例では、IWBEP が名前空間です。サービスへの完全URL が指定されている場合は任意です。
    • Service: データを取得するサービスに設定。先ほどの例では、サービスはGWSAMPLE_BASIC です。完全URL が指定されている場合は必須ではありません。

    Basic 認証での認証

    Basic 認証では、自分のログインクレデンシャルを使用して接続します。次のプロパティを設定します。

    • User: これはSAP Gateway へのログインに使用するユーザー名です。
    • Password: これはSAP Gateway へのログインに使用するパスワードです。

    OAuth 認証での認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、本製品はデフォルトブラウザでSAP Gateway OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品が以下のOAuth プロセスを完了します。 他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

  4. Operation、Query タイプ、SQL クエリを使用してCData SAP Netweaver Gateway Connector を構成します。
  5. アプリケーションを終了して保存します。

アプリケーションが完成したら、Anypoint Studio をAnypoint Platform と組み合わせて使用し、MuleSoft CloudHub インスタンスまたはオンプレミスサーバーにアプリケーションをデプロイできます。

MuleSoft CloudHub にデプロイする

  1. 「Project」を右クリックし、「Anypoint Platform」->「Deploy to Cloud」を選択します。
  2. デプロイメントを設定し、「Deploy Application」をクリックします。
  3. デプロイが完了したら、Anypoint Platform Runtime Manager に移動してデプロイされたアプリケーションを管理します。

アプリケーションがデプロイされると、必要なパラメータを追加してApp URL に移動することで、Web 上のどこからでもアクセスできるようになります。

オンプレミスサーバーにデプロイする

Anypoint Platform を介してMule アプリケーションをオンプレミスサーバーにデプロイするには、Mule Server インスタンスをマシンにインストールする必要があります。以下のステップでは、Anypoint Platform にオンプレミスサーバーを追加し、Mule アプリケーションをデプロイする方法を説明します。

オンプレミスMule Server をAnypoint Platform に追加する

  1. 実行中の場合、オンプレミスのMule Server を停止します。
  2. Anypoint Platform に移動して「Add Server」をクリックし、サーバーを追加するセキュリティトークンを含むコマンドを表示します。
  3. MuleSoft Runtime Manager Agent をセットアップします(Windows の場合、amc_setup.bat ... を実行)。

    %MULE_HOME%\bin> amc_setup -H 12ab3cd4-567e-8fa9-0123-4b56c7de8901---234567 MYSERVER
  4. オンプレミスMule Server を開始します(Windows の場合、mule.bat を実行)。

    %MULE_HOME%\bin> mule

Mule アプリケーションをデプロイする

  1. Anypoint Studio で、「project」を右クリックし、「Export」を選択します。
    • Mule フォルダにて、「Anypoint Studio Project to Mule Deployable Archive」を選択し、「Next」をクリックしてデプロイ可能なファイルを作成します。
  2. Anypoint Platform Runtime Manager で「Applications」に移動し、「Deploy Application」をクリックします。
    • アプリケーションに名前を付けます。
    • Deployment Target としてオンプレミスサーバーを選択します。
    • 「Application File」の下で「Choose file」->「Upload file」とクリックし、エクスポートしたプロジェクトを選択します。
    • 「Deploy Application」をクリックします。

アプリケーションをオンプレミスサーバーにデプロイすると、サ-バーにアクセス可能な任意のブラウザからアクセスできるようになります。サーバーのアドレスとポートに移動し、アプリケーションに必要なURL パラメータを追加します。

これで、SAP Netweaver Gateway データを使用するMule アプリケーションがデプロイできました。Mule Connector for SAP Netweaver Gateway の30日間の無償トライアルをダウンロードして、Mule アプリケーションでCData の強力なデータ連携をご体感ください。