RazorSQL からSmartsheet データに連携。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Smartsheet JDBC Driver

Java/J2EE アプリケーションからSmartsheet データへの連携機能を実装して、Contacts、Folders、Groups、Users などのデータをアプリから利用。



データベース管理ツールのRazorSQL からGUI でウィザードとクエリからSmartsheet データに連携する。.

CData JDBC Driver for Smartsheet を使って、各種ツールからSmartsheet データにアクセスすることが可能になります。本記事では、Smartsheet データにRazorSQL のウィザードから連携利用する方法を紹介します。

Smartsheet JDBC Data Source の設定

  1. RazorSQL アプリケーションを開いて、Connections メニューから、Add Connection Profile -> Other -> JDBC にナビゲートします。
  2. Connection Wizard で、以下を設定します:
    • Driver Location:JDBC Driver のインストールディレクトリのlib サブフォルダに設定します。
    • Driver Class: ドライバークラスを cdata.jdbc.smartsheet.SmartsheetDriver に設定します。
    • Username:ユーザー名。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • Password:パスワード。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • JDBC URL:接続パラメータを入力します:jdbc:smartsheet: から始まるJDBC URL を入力します。接続プロパティをカンマ区切りで書きます。

      個人用トークンを使用して、自分のデータをテストし、アクセスします。個人用トークンを取得する方法は次のとおりです。

      • Smartsheet にログインします。
      • [アカウント]をクリックして[個人用の設定]を選択します。
      • [API アクセス]をクリックし、フォームを使用して新しいアクセストークンを生成するか、既存のアクセストークンを管理します。

      その後、OAuthAccessToken を生成したトークンに設定します。

      一般的なURL ::

      jdbc:smartsheet:OAuthClientId=MyOauthClientId;OAuthClientSecret=MyOAuthClientSecret;CallbackURL=http://localhost:33333;
  3. 個人用トークンを使用して、自分のデータをテストし、アクセスします。個人用トークンを取得する方法は次のとおりです。

    • Smartsheet にログインします。
    • [アカウント]をクリックして[個人用の設定]を選択します。
    • [API アクセス]をクリックし、フォームを使用して新しいアクセストークンを生成するか、既存のアクセストークンを管理します。

    その後、OAuthAccessToken を生成したトークンに設定します。

Smartsheet からテーブルを選択してクエリを実行

接続を確立後、Wizard が閉じ、接続はコネクションパネルで接続が利用可能になります。テーブルをクエリしてみます。