RAD Studio Data Explorer でSquare データを表示

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Square FireDAC Components

Square のTransaction、Items、Subscriptions データをDelphi & C++Builder アプリケーションから手軽に連携。



CData FireDAC Components for Square を使用して、RAD Studio Data Explorer でSquare を表示する方法

Embarcadero RAD Studio は、Delphi およびC++Builder アプリケーション用の開発環境を提供します。CData FireDAC Components for Square を利用してRAD Studio 内のライブSquare にアクセスし、データの取得と更新の両方に使用できるテーブル、ビュー、ストアドプロシージャにデータを抽象化します。この記事では、Data Explorer を使用したSquare への接続について説明します。

Data Explorer を使用してSquare データに接続する

CData FireDAC Components for Square と新しいVCL フォームアプリケーションを利用して、Square を表示するための簡単なアプリケーションを作成できます。

  1. RAD Studio で[Data Explorer]を開き、[FireDAC]を展開します。
  2. [CData Square Data Source]で右クリックし、[Add New Connection]をクリックします。

  3. 接続に名前を付けます。
  4. 必要なパラメータを入力し、[OK]をクリックします。

    Square uses the OAuth authentication standard. To authenticate using OAuth, you will need to register an app with Square to obtain the OAuthClientId, OAuthClientSecret, and CallbackURL. See the "Getting Started" chapter of the help documentation for a guide to using OAuth.

    Additionally, you must specify the LocationId. You can retrieve the Ids for your Locations by querying the Locations table. Alternatively, you can set the LocationId in the search criteria of your query.

  5. [Data Explorer]に戻り、接続のテーブルを展開します。
  6. 新しいVCL フォームアプリケーションを作成し、テーブル (例: Refunds) をフォームにドラッグします。

  7. フォーム上のRefundsテーブルオブジェクトを選択し、[Active]プロパティを[true]に設定します。
  8. [object]を右クリックして視覚的にバインドし、すべて(*)を新しいコントロール(TStringGrid)にリンクします。

  9. TStringGrid をフォームに配置し、アプリケーションを実行してRefunds データを確認します。