Ready to get started?

Learn more about the CData JDBC Driver for SQL Analysis Services or download a free trial:

Download Now

NetBeans でSQL Analysis Services Data に接続

データソース構成ウィザードを使ってNetBeansでSQL Analysis Services data に接続。



CData JDBC Driver for SQL Analysis Services は、JDBC をサポートするIDE にライブSQL Analysis Services data への接続を統合します。JDBC 標準では、ビルトインのデータアクセスウィザードや、迅速な開発をサポートするその他のツールを使用できます。この記事では、NetBeans でSQL Analysis Services data に接続する方法を説明します。接続を作成して[Table Editor]でSQL Analysis Services data を編集および保存、 していきます。

NetBeans にSQL Analysis Services のJDBC データソースを作成

JDBC データソースを作成するには、[Service]ウィンドウの[Database]ノードを展開し、[Drivers]ノードを右クリックして[New Driver]を選択します。[New Driver]ウィザードが表示されたら、以下の情報を入力します:

  • Driver File(s):[Add]をクリックして、ファイルエクスプローラダイアログが表示されたらcdata.jdbc.ssas.jar ファイルを選択。ドライバーのJAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  • Driver Class:[Find]をクリックしてJAR 内のドライバークラスを検索し、cdata.jdbc.ssas.SSASDriver をメニューから選択。
  • Name:ドライバーの名前を入力。

接続パラメータを定義

下記の手順に従って、必要な接続プロパティを定義します:

  1. [Service]ウィンドウで、[Database]ノードを右クリックし[New Connection]をクリックします。

  2. [New Connection]ウィザードで次の接続プロパティを入力します:

    • Driver Name:CData JDBC Driver for SQL Analysis Services を選択。
    • User Name:ユーザーネームを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • Password:パスワードを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • JDBC URL:JDBC URL を指定。

      To connect, provide authentication and set the Url property to a valid SQL Server Analysis Services endpoint. You can connect to SQL Server Analysis Services instances hosted over HTTP with XMLA access. See the Microsoft documentation to configure HTTP access to SQL Server Analysis Services.

      To secure connections and authenticate, set the corresponding connection properties, below. The data provider supports the major authentication schemes, including HTTP and Windows, as well as SSL/TLS.

      • HTTP Authentication

        Set AuthScheme to "Basic" or "Digest" and set User and Password. Specify other authentication values in CustomHeaders.

      • Windows (NTLM)

        Set the Windows User and Password and set AuthScheme to "NTLM".

      • Kerberos and Kerberos Delegation

        To authenticate with Kerberos, set AuthScheme to NEGOTIATE. To use Kerberos delegation, set AuthScheme to KERBEROSDELEGATION. If needed, provide the User, Password, and KerberosSPN. By default, the data provider attempts to communicate with the SPN at the specified Url.

      • SSL/TLS:

        By default, the data provider attempts to negotiate SSL/TLS by checking the server's certificate against the system's trusted certificate store. To specify another certificate, see the SSLServerCert property for the available formats.

      You can then access any cube as a relational table: When you connect the data provider retrieves SSAS metadata and dynamically updates the table schemas. Instead of retrieving metadata every connection, you can set the CacheLocation property to automatically cache to a simple file-based store.

      See the Getting Started section of the CData documentation, under Retrieving Analysis Services Data, to execute SQL-92 queries to the cubes.

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:ssas:User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://localhost/OLAP/msmdpump.dll;

SQL Analysis Services Data をクエリ

SQL Analysis Services data に接続するには、[Database]ノードにある接続を右クリックし[Connect]をクリックします。接続が確立されたら、展開してスキーマ情報を見ることができます。

[Data Views]ウィンドウにテーブルをロードするには、テーブルを右クリックしてから[View Data]をクリックします。 [Data Views]ウィンドウではレコードの挿入、更新、および削除もできます。

 
 
ダウンロード