Ready to get started?

Learn more about the CData JDBC Driver for SQL Analysis Services or download a free trial:

Download Now

SQL Analysis Services Data に接続しTalend からデータに接続

SQL Analysis Services data をTalend Open Studio の標準コンポーネントおよびデータソース設定ウィザードに統合。



この記事では、Talend で簡単にCData JDBC driver for SQL Analysis Services をワークフローに統合する方法を説明します。ここではCData JDBC Driver for SQL Analysis Services を使ってTalend でSQL Analysis Services data をジョブフローに転送します。

JDBC データソースとしてTalend でSQL Analysis Services に接続

下記の手順に従って、SQL Analysis Services にJDBC 接続を確立します:

  1. SQL Analysis Services data に新しいデータベース接続を追加:新しく接続を追加するには、[Metadata]ノードを展開し[Db Connections]ノードを右クリックして[Create Connection]をクリックします。
  2. ウィザードが表示されたら、接続に名前を入力します。
  3. 次のページで、[DB Type]メニューから[Generic JDBC]を選択してJDBC URL を入力します。

    To connect, provide authentication and set the Url property to a valid SQL Server Analysis Services endpoint. You can connect to SQL Server Analysis Services instances hosted over HTTP with XMLA access. See the Microsoft documentation to configure HTTP access to SQL Server Analysis Services.

    To secure connections and authenticate, set the corresponding connection properties, below. The data provider supports the major authentication schemes, including HTTP and Windows, as well as SSL/TLS.

    • HTTP Authentication

      Set AuthScheme to "Basic" or "Digest" and set User and Password. Specify other authentication values in CustomHeaders.

    • Windows (NTLM)

      Set the Windows User and Password and set AuthScheme to "NTLM".

    • Kerberos and Kerberos Delegation

      To authenticate with Kerberos, set AuthScheme to NEGOTIATE. To use Kerberos delegation, set AuthScheme to KERBEROSDELEGATION. If needed, provide the User, Password, and KerberosSPN. By default, the data provider attempts to communicate with the SPN at the specified Url.

    • SSL/TLS:

      By default, the data provider attempts to negotiate SSL/TLS by checking the server's certificate against the system's trusted certificate store. To specify another certificate, see the SSLServerCert property for the available formats.

    You can then access any cube as a relational table: When you connect the data provider retrieves SSAS metadata and dynamically updates the table schemas. Instead of retrieving metadata every connection, you can set the CacheLocation property to automatically cache to a simple file-based store.

    See the Getting Started section of the CData documentation, under Retrieving Analysis Services Data, to execute SQL-92 queries to the cubes.

    以下は一般的なJDBC URL です:

    jdbc:ssas:User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://localhost/OLAP/msmdpump.dll;
  4. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあるcdata.jdbc.ssas.jar ファイルへのパスを入力します。
  5. 接続を右クリックして[Retrieve Schema]をクリックします。
  6. デフォルトオプションで[Next]をクリックしインポートしたいテーブルを選択します。
  7. デフォルトオプションでウィザードを終了します。

Adventure_Works テーブルをフラットファイルに出力

下記の手順に従って、Adventure_Works テーブルをフラットファイル出力コンポーネントに転送します:

  1. [Table Schemas]ノードで、テーブルをワークスペース内にドラッグします。
  2. ダイアログが表示されたら[tJDBCInput]コンポーネントを選択します。
  3. 次に、[tFileOutputDelimited]コンポーネントをPalette の[Business Intelligence]タブからワークスペース内にドラッグします。
  4. Adventure_Works tJDBCInput コンポーネントを右クリックしてベクタを出力ファイルにドラッグします。

プロジェクトを実行してデータを転送します。

 
 
ダウンロード