CSA Data Uploader にてSurveyMonkey データを、クラウドストレージにアップロード

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

SurveyMonkey ODBC Driver

SurveyMonkey ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートするさまざまなアプリケーションからSurveyMonkey データへの接続を実現するパワフルなツールです。

標準のODBC ドライバーインターフェースを使用して、データベースのようにSurveyMonkey にアクセスし、Rollups、Surveys、Questions などの読み、書き、更新を実行できます。



SurveyMonkey へのライブ接続を行うデータアップロードジョブを構築

SurveyMonkey 用のCData ODBC ドライバは、ODBC 標準インターフェースを利用したSurveyMonkey へのライブデータアクセスを可能にし、使い慣れたSQL クエリで多種多様なBI、レポート、ETL ツールでSurveyMonkey を扱うことができます 。

この記事では、Amazon S3 やGoogle Cloud Storage などのクラウドストレージへのデータプレパレーション、ファイルアップロードを得意とするCSA Data Uploader でODBC 接続を使用してSurveyMonkey データの利用方法を示します。

SurveyMonkey データへの接続

  1. まずODBN DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。Microsoft ODBC データソースアドミニストレータを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    SurveyMonkey はOAuth 2 認証標準を利用しています。SurveyMonkey がアンケートの回答を読むためにこれを必要とすることを考えると、アンケートを読むアカウントには有料プランのサブスクリプションが必要です。

    SurveyMonkey への接続に使用できる認証方法は2つあります。

    • プライベートoauth アプリケーションを登録するときに、個人用アクセストークンを使用します。
    • パブリックoauth アプリケーションを登録するときに、OAuth を使用します。

    個人用アクセストークンの使用

    個人用トークンを使用して、自分のデータをテストし、アクセスします。個人用トークンを取得するには、Creating a Custom OAuth App の手順に従って、次の接続プロパティを設定します。

    • OAuthAccessToken:アプリケーション設定で生成されたAccessToken に設定。
    • InitiateOAuth:OFF に設定。

    OAuth の使用

    本製品はすでにSurveyMonkey にOAuth アプリケーションとして登録されています。そのため、デフォルトでは、自動的にEmbedded Credentials を使用して接続します。

    独自のカスタムOAuth アプリを使用したい場合は、Custom Credentials を参照してください。

  2. CSA Data Uploader を開いて「設定 -> ODBC」に移動します。
  3. 「追加」をクリックします。
  4. 種別を「汎用ODBC」、「データソース名」で先ほど作成したODBC DSN を選択します。

入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。併せて任意のデータアップロード先の接続(Amazon S3・Google Cloud Storage など)も作成しておきましょう。

SurveyMonkey ジョブの構成

続いてCSA DataUploader の対象データ参照し、クラウドストレージへデータをアップロードするジョブを構成します。

  1. 「ジョブ」のページに移動して「ジョブを作成」をクリックします。
  2. 任意の名称でジョブを作成します。ジョブ種別は「データアップロード」を選んでください。
  3. ジョブは最初に入力対象となるデータを設定します。
  4. 入力種別では、ODBC 接続を選択し、データソース名で先ほど設定したODBC DSN を選択します。併せて、SurveyMonkey からデータを取得するためのSQL ベースのクエリを記述します。
  5. なお、SQL でクエリ可能なテーブルはODBC DSN の「テーブル」タブで確認できます。
  6. 入力設定を保存したら、「データ表示」ボタンをクリックすることで実際にSurveyMonkey から取得したデータを確認できます。
  7. 以下のようにプレビューが表示されれば設定はOK です。
  8. 併せて出力設定先となるクラウドストレージの情報を追加してください。
  9. 事前に構成したコネクション情報で出力先を設定します。
  10. これでジョブの作成は完了です。実行することで SurveyMonkey データをクラウドストレージにアップロードすることができます。