CData BizTalk Adapter for Sybase の要請応答送信ポートを構成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Sybase BizTalk Adapter

標準オーケストレーションでBizTalk Server とSybase のデータ連携を実現するBizTalk Adapter。

Sybase Adapter を使って、Sybase データベース内のデータを簡単に利用しましょう。データ同期、ローカルへのバックアップ、ワークフロー自動化などに最適!



アダプタ for Sybase を要請応答送信ポートと共に使用して、BizTalk でアップデートグラムとデータ操作 SQL を実行します。

ここでは、CData BizTalk Adapter for Sybase を使用し、静的な要請応答送信ポートを作成、構成、テストする手順を説明します。静的な要請応答送信ポートを使用してコマンドを実行し、BizTalk の結果にアクセスすることができます。送信ポートを使用することで、アップデートグラムコマンド、SQL コマンド、ストアドプロシージャ操作を実行できます。

送信ポートを作成し構成する

静的な要請応答送信ポートを作成し、アダプタをトランスポートタイプとして使用するように構成します。

  1. 未実行の場合、BizTalk 管理コンソールで BizTalk アプリケーションを開きます。
  2. BizTalk アプリのノードで、[Send Ports]を右クリックし、[New]->[Static Solicit-Response Send Port]を選択すると、送信ポートプロパティのダイアログが表示されます。
  3. 送信ポートのプロパティで、受信ポートの名前を入力します。
  4. [Transport Type]メニューで、CData.Sybase を選択します。
  5. [Send Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruTransmit]を選択します。
  6. [Receive Pipeline]メニューで、デフォルトオプションの[PassThruReceive]を選択します。

アダプタを構成する

[Transport Properties]ダイアログで、アダプタが実行するコマンドを定義します。

  1. 送信ポートのプロパティで、[Configure]ボタンをクリックします。アダプタのトランスポートプロパティダイアログが表示されます。
  2. [CommandType]プロパティで、実行したいコマンドタイプを選択します。
  3. SQL コマンドを実行したい場合は、[SQL Command]のボックスにコマンドを入力してください。
プロパティとその機能についての説明は、ヘルプドキュメントの[Adapter Configuration]を参照してください。

Sybase への接続を構成する

[Connection String Options]ダイアログで、Sybase への接続に必要な資格情報とその他のプロパティを設定します。

  1. 送信ポートのプロパティで、[Configure]をクリックします。アダプタのプロパティダイアログが表示されます。
  2. [Connection String]プロパティのボタンをクリックします。[Connection String Options]ダイアログが表示されます。
  3. 接続プロパティを入力します。下は一般的な接続文字列です。

    User=myuser;Password=mypassword;Server=localhost;Database=mydatabase;Charset=iso_1;

    Sybase は、Basic 認証、Kerberos 認証、LDAP 認証などの認証方法をいくつかサポートしています。

    Basic 認証を使用した接続

    次を設定してデータを認証し接続します。User およびPassword を設定してSybaseIQ 認証を使用します。

    • User:認証Sybase ユーザーのユーザー名に設定。
    • Password:認証Sybase ユーザーのパスワードに設定。
    • Server:SybaseIQ またはSAP SQL Anywhere データベースインスタンスの名前またはネットワークアドレスに設定。
    • Database:指定されたサーバーで実行されているSybaseIQ またはSAP SQL Anywhere データベースの名前に設定。

    オプションで、UseSSL をtrue に設定することにより、TLS/SSL で接続を保護できます。

    Note: 上記の本製品 設定でSAP SQL Anywhere のインスタンスに接続することもできます。

    Kerberos 認証を使用した接続

    Kerberos 認証を活用するには、次の接続プロパティを使用してそれを有効にすることから始めます。

    • AuthScheme:Kerberos に設定すると、Sybase への認証に使用されます。

    Kerberos 認証用に設定する必要がある接続プロパティに関しては、Kerberos の使用 情報を参照してください。

    以下は接続文字列の例です。

    Server=MyServer;Port=MyPort;User=SampleUser;Password=SamplePassword;Database=MyDB;Kerberos=true;KerberosKDC=MyKDC;KerberosRealm=MYREALM.COM;KerberosSPN=server-name

    LDAP 認証を使用した接続

    LDAP 認証で接続するには、LDAP 認証メカニズムを使用するようにSybase サーバーサイドを設定する必要があります。

    LDAP 用にSybase を設定したら、Basic 認証と同じクレデンシャルを使用して接続できます。

  4. [Test Connection]をクリックして値を確認し、接続を確認します。
プロパティとその機能の説明については、ヘルプドキュメントの[Connection String Options]チャプターを参照してください。
アダプタfor Sybase のアップデートグラムチュートリアル]では、要請応答送信ポートを使用して、Sybase にアップデートグラムを挿入するシンプルなアプリケーションを作成する手順を説明します。