MotionBoard からSybase データに連携してダッシュボードを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

API Server



国産BI のMotionBoard からCData Connect Cloud を使ってSybase データにリアルタイム連携するレポートを作成。

MotionBoard は、ウイングアーク1st 社が提供する人気のBI ダッシュボードツールです。この記事ではMotionBoard で、Sybase データをCData Connect を通じてシームレスに統合利用する方法を説明します。

CData Connect Cloud (旧CloudHub)は、SaaS ベースで提供されるデータハブサービスです。Salesforce、Dynamics、Zoho CRM、NetSuite、Marketo、kintone など多様なSaaS にBI、アナリティクス、iPaaS、ノーコード開発プラットフォームからアクセスするための仮想エンドポイントです。連携方法が異なるSaaS をMySQL、SQL Server、OData の3種類のインターフェースに仮想化することで、データ連携をシンプルに実現します。この記事では、Sybase のデータを仮想MySQL エンドポイントして利用します。

CData Connect Cloud でSybase のMySQL仮想インスタンスを作成

CData Connect のアカウントを取得します。CData Connect はSaaS ですので、アカウントを取得したらインストールやホスティングなどなく、ブラウザからログインすることですぐに使用開始です。

ブラウザからCData Connect にログインします。まずはじめに、MySQL仮想インスタンスにアクセスできるデータベースのユーザを作成します。「USERS」タブからユーザーを作成してパスワードを設定します。

次に「DATABASE」タブからデータベースを設定していきます。まずは接続するデータソースのアイコンをクリックします。本手順では、Sybase を選択します。

データソース接続画面が開くので、Sybase のロゴを選択して、データソース毎の認証情報を入力します。 Sybase への接続に必要なプロパティを入力してください。

Sybase は、Basic 認証、Kerberos 認証、LDAP 認証などの認証方法をいくつかサポートしています。

Basic 認証を使用した接続

次を設定してデータを認証し接続します。User およびPassword を設定してSybaseIQ 認証を使用します。

  • User:認証Sybase ユーザーのユーザー名に設定。
  • Password:認証Sybase ユーザーのパスワードに設定。
  • Server:SybaseIQ またはSAP SQL Anywhere データベースインスタンスの名前またはネットワークアドレスに設定。
  • Database:指定されたサーバーで実行されているSybaseIQ またはSAP SQL Anywhere データベースの名前に設定。

オプションで、UseSSL をtrue に設定することにより、TLS/SSL で接続を保護できます。

Note: 上記の本製品 設定でSAP SQL Anywhere のインスタンスに接続することもできます。

Kerberos 認証を使用した接続

Kerberos 認証を活用するには、次の接続プロパティを使用してそれを有効にすることから始めます。

  • AuthScheme:Kerberos に設定すると、Sybase への認証に使用されます。

Kerberos 認証用に設定する必要がある接続プロパティに関しては、Kerberos の使用 情報を参照してください。

以下は接続文字列の例です。

Server=MyServer;Port=MyPort;User=SampleUser;Password=SamplePassword;Database=MyDB;Kerberos=true;KerberosKDC=MyKDC;KerberosRealm=MYREALM.COM;KerberosSPN=server-name

LDAP 認証を使用した接続

LDAP 認証で接続するには、LDAP 認証メカニズムを使用するようにSybase サーバーサイドを設定する必要があります。

LDAP 用にSybase を設定したら、Basic 認証と同じクレデンシャルを使用して接続できます。

次に「ENDPOINTS」タブで、このデータをどのインターフェースのエンドポイントして公開するかを選択します。デフォルトで、OData、MySQL wire protocol、TDS(SQL Server) wire Protocol がすべて有効になっています。今回はMySQL エンドポイントを利用します。必要があればアクセスを許可する信頼されたIP アドレスを指定することも可能です。

このようにノーコードでSybase のMySQL仮想インスタンスを公開できました。接続の確認をする場合には、MySQL Workbench などMySQL のクライアントから接続を試してみてください。

MotionBoard からSybase データに接続してダッシュボードを作成

MotionBoardの「システム設定 → 接続/認証 → 外部接続」から新しい外部接続を作成します。ここでのポイントは、接続先タイプはMySQL を選択します。

  • 外部接続名:任意(例:CDataConnect)
  • 接続先タイプ:MySQL
  • 中継サービス:使用しない

外部接続の基本情報タブにて以下内容をセットします。

  • 外部接続名:任意(例:CDataConnect)
  • 接続先タイプ:MySQL
  • 接続先タイプ:MySQL5.1(JDBC)
  • 中継サービス:使用しない
  • サーバー名:XXXXX.cdatacloud.net (「ENDPOINTS」タブから参照可能なMySQL仮想インスタンスのホスト名)
  • ポート : 「ENDPOINTS」タブから参照可能なMySQL仮想インスタンスのポート番号 (例:3306)
  • データベース名 : 「DATABASE」タブで参照可能なデータベース名 (例:Sybase1)
  • 文字コード : UTF8
  • ユーザー名 : 「USERS」タブで作成したMySQL仮想インスタンスのデータベース ユーザー
  • パスワード : 「USERS」タブで作成したMySQL仮想インスタンスのデータベース ユーザーのパスワード
基本情報エリアの最下部に「接続確認」ボタンをクリックして外部接続の確認が取れることを確認します。

「データソース」タブを開き、Sybase 内のテーブルが一覧に表示されることを確認できます。ここまで確認できたら「保存」ボタンで外部接続定義を保存して閉じます。

「ボード新規作成」から新しいボードを作成します。

アイテムウィザードのDS1の接続先に上記の外部接続定義で作成した接続(本例では Cdata Connect)を選択します。次に、左側のデータベースにSybase のテーブルリストが表示されますので、使用するテーブルを選択します。右側にDealsテーブル内のデータがプレビューされます。

ウィザードを次に進み、作成するアイテムにチャートを選択して、「次へ」をクリックします。データソース エディタが起動します。左側の項目一覧から可視化したい項目を行項目・列項目・集計項目にセットします。もうRDB やCSV などのデータソースを扱う場合と同じ操作でビジュアライズを作成できます。あとは、おすすめチャートから適切なチャート種類を選択します。

是非、CData Connect Cloud の試用版で、MotionBoard からSybase へのシンプルかつパワフルな連携をお試しください。