製品をチェック

製品についての詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect Server

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

SaaS 連携データベース Yoom を使ってTaxJar データを使ったフローボットを作成する


CData Connect Server を使ってTaxJar データのOData API エンドポイントを作成して、Yoom のフローボットでTaxJar データを利用する方法。


taxjar ロゴ画像
connect ロゴ画像

Connect Server

Yoom ロゴ画像

Yoom は さまざまなSaaS とノーコードで連携し、業務を自動化するSaaS 連携データベースです。この記事では、CData Connect Server を経由して Yoom からTaxJar に接続し、TaxJar データを利用したフローボットを作成する方法を紹介します。

CData Connect Server は、TaxJar データのクラウド to クラウドの仮想OData インターフェースを提供し、Yoom からリアルタイムにTaxJar データへ接続することができます。

NOTE:Yoom からCData Connect Server に接続するには、利用するCData Connect Server インスタンスをネットワーク経由での接続が可能なサーバーにホスティングして、URL(myConnectInstance.cdata.com など)での接続が可能な状態にしてください。CData Connect がローカルでホスティングされており、localhost アドレス(localhost:8080 など)またはローカルネットワークのIP アドレス(192.168.1.x など)からしか接続できない場合、Yoom はCData Connect Server に接続することができません。


CData Connect Server の設定

Yoom でTaxJar TaxJar データをリアルタイムで操作するには、Connect Server からTaxJar に接続し、コネクションにユーザーアクセスを提供してTaxJar データのOData エンドポイントを作成する必要があります。

TaxJar データの仮想データベースを作成する

CData Connect Server は、シンプルなポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、データを取得します。まずは、右側のサイドバーのリンクからConnect Server をインストールしてください。

  1. Connect Server にログインし、「CONNECTIONS」をクリックします。 データベースを追加
  2. 一覧から「TaxJar」を選択します。
  3. TaxJar に接続するために必要な認証プロパティを入力します。

    TaxJar API への認証には、まず初めにTaxJar UI からAPI キーを取得する必要があります。

    NOTE:API の利用は、Professional およびPremium TaxJar プランでのみ可能です。

    すでにProfessional またはPremium プランをお持ちの方は、TaxJar UI にログインして、「アカウント」->「TaxJar API」に移動するとAPI キーを確認することができます。 API キーを取得したら、APIKey 接続プロパティに設定できます。

    その他の注意事項

    • デフォルトでは、エンティティが日付範囲フィルタをサポートしている場合、CData コネクタは過去3か月のデータを取得します。StartDate を設定して、取得するデータの最小作成日を指定することができます。
    • API キーがサンドボックスAPI アカウント用に作成されている場合は、UseSandbox をtrue に設定してください。ただし、すべてのエンドポイントが期待どおりに機能するとは限りません。詳しくは、TaxJar 開発者用ドキュメントを参照してください。
    コネクションを設定(Salesforce の場合)。
  4. Test Connection」をクリックします。
  5. 「Permission」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー) を追加します。

仮想データベースが作成されたら、Yoom を含むお好みのクライアントからTaxJar に接続できるようになります。

Yoom でフローボットを作成

Web API の準備が整ったので、Yoom にてフローボットの作成を進めていきます。

  1. まず、Yoom にログインします。
  2. フローボットを新規作成します。

ループ設定

フローボットのトリガー設定後、プロセスを作成します。まずはデータを複数行データベースに追加するため、ループ処理を設定します。ループを件数分実行するための一意のデータをTaxJar から取得します。

  1. CData Connect Server コネクタを利用して、TaxJar データを取得します。+ ボタンでプロセスを追加し、オペレーションタイプの選択から「アプリと連携する」を選択します。
  2. アプリ一覧から「CData Connect」を選択します。
  3. アカウント情報を登録します。アクセストークンに、Connect Server のアカウント(メールアドレス)とPAT をコロンで繋ぎ、Base64 エンコードしたものを設定します。
  4. アクション選択では、「レコードの一覧を取得」を選択します。アクション設定画面では、Connect Server のOData で設定したテーブル名を設定します。アウトプットを追加し、データをリスト形式で取得する設定をします。JSONPath には「$.value[*].カラム名」を指定します。
  5. データ取得設定を保存し、ループ処理(同じ処理を繰り返す)を追加します。

ループで利用したデータを元に他カラムのデータを取得

ループで利用した一意のデータをキーにして、TaxJar の他カラムのデータを取得します。

  1. ループ分岐の右側のフローでアプリ連携のプロセスを追加し、「特定のレコードを取得」アクションを設定します。
  2. プライマリーキーの値を設定します。「アウトプットを入力」から「ループ変数」を選択します。
  3. アウトプットを設定します。入力形式はテキスト、JSONPath は「value[0].カラム名」を設定します。

Yoom データベースに追加

Yoom データベースに取得したデータを追加する処理を作成します。

  1. オペレーションタイプの選択から「データベースを操作する」を選択し、データベース一覧からYoom データベースを選択します。
  2. データベースとテーブルを指定し、実行アクションで「レコードを追加する」を選択します。
  3. データ取得時に設定したアウトプットを、データベースのカラムに設定します。

フローボットの完成

TaxJar データをYoom データベースに追加するフローボットが完成しました。

  1. フローボットを実行し、Yoom データベースにTaxJar データが追加されることを確認します。

このように、CData Connect Server を経由することで、API 側の複雑な仕様を意識せずにSaaS と連携したフローボットをYoom で作成できます。。他にも多くのデータソースに対応するCData Connect Server の詳細をこちらからご覧ください。