JDBC Data Source for USPS との間にInformatica マッピングを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

USPS 連携ソリューション


標準のJDBC 接続プロセスを使用して、Informatica でUSPS データオブジェクトを作成します。JAR をコピーし、接続してください。

Informatica は、データを転送・変換するための強力で立派な手段を提供します。CData JDBC Driver for USPS を利用することで、Informatica の強力なデータ転送および操作機能とシームレスに統合される、業界で実証済みの標準に基づくドライバーにアクセスできます。このチュートリアルでは、Informatica PowerCenter でUSPS を転送および参照する方法を示します。

ドライバーをデプロイ

ドライバーをInformatica PowerCenter サーバーに展開するために、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるCData JAR および.lic ファイルを次のフォルダにコピーします。Informatica-installation-directory\services\shared\jars\thirdparty.

Developer ツールでUSPS を使用するには、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるCData JAR および.lic ファイルを次のフォルダにコピーする必要があります。

  • Informatica-installation-directory\client\externaljdbcjars
  • Informatica-installation-directory\externaljdbcjars

JDBC 接続の作成

以下のステップに従って、Informatica Developer に接続します。

  1. [Connection Explorer]ペインで[domain]を右クリックし、[Create a Connection]をクリックします。
  2. 表示される[New Database Connection]ウィザードで、接続の名前とId を入力し、[Type]メニューで[JDBC]を選択します。
  3. [JDBC Driver Class Name]のプロパティで次のコードを入力します。 cdata.jdbc.usps.USPSDriver
  4. [Connection String]プロパティでは、USPS の接続プロパティを使用してJDBC URLを入力します。

    USPS に認証するには、次の接続プロパティを設定してください。

    • PostageProvider:リクエストの処理に使用するポステージプロバイダです。利用可能なオプションはENDICIA とSTAMPS です。指定されていない場合、 デフォルトはENDICIA です。
    • UseSandbox:ライブまたはテストリクエストを、運用サーバーに送るかサンドボックスサーバーに送るかを制御します。 true に設定した場合、Password、AccountNumber、StampsUserId プロパティは無視されます。
    • StampsUserId:この値はStamps サーバーに認証してログインするために使用されます。この値は Endicia には使用されず、UseSandbox がtrue の場合はオプションです。
    • Password:この値はEndicia とStamps サーバーへのログインに使用されます。ポステージプロバイダがEndicia の場合、この値はポステージアカウントに紐づけられたパスフレーズになります。 UseSandbox がtrue の場合にはオプションです。
    • AccountNumber:郵送者のアカウント番号です。UseSandbox がtrue の場合にはオプションです。
    • PrintLabelLocation:このプロパティは、GenerateLabels またはGenerateReturnLabels ストアドプロシージャを使用する場合には必須です。 生成されたラベルが格納されているフォルダの場所を指定してください。

    キャッシュデータベース

    USPS から利用可能な有用なタスクには多くのデータを要求します。データの入力を簡単にして後日思い出せるようにするには、 キャッシュデータベースを使用してリクエストを行ってください。キャッシュの使用にはキャッシュ用の接続プロパティを設定してください。

    • CacheLocation:デフォルトのキャッシュプロバイダーで接続が設定される、キャッシュの場所へのパスです。例えば、C:/users/username/documents/uspscache

    CacheLocation の代わりに、CacheConnectionCacheProvider を設定して デフォルト以外のプロバイダーを使用してキャッシュ接続を設定することもできます。

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、USPS JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.usps.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    以下は一般的な接続文字列です。

    jdbc:usps:PostageProvider=ENDICIA; RequestId=12345; Password='abcdefghijklmnopqr'; AccountNumber='12A3B4C'

USPS テーブルを参照

ドライバーJAR をクラスパスに追加してJDBC 接続を作成すると、Informatica のUSPS エンティティにアクセスできるようになります。以下のステップに従ってUSPS に接続し、USPS テーブルを参照します。

  1. リポジトリに接続します。
  2. [Connection Explorer]で、[connection]を右クリックし、[Connect]をクリックします。
  3. [Show Default Schema Only]オプションをクリアします。

以下より、[Data Viewer]でUSPS テーブルを参照できるようになります。テーブルの[node]を右クリックし、[Open]をクリックします。[Data Viewer]で[Run]をクリックします。

USPS データオブジェクトの作成

以下のステップに従って、プロジェクトにUSPS テーブルを追加します。

  1. USPS でテーブルを選択し、右クリックして[Add to Project]をクリックします。
  2. 表示されるダイアログでリソースごとにデータオブジェクトを作成するオプションを選択します。
  3. [Select Location]ダイアログで、プロジェクトを選択します。

    マッピングの作成

    以下のステップに従って、マッピングにUSPS ソースを追加します。

    1. [Object Explorer]でプロジェクトを右クリックし、[New]->[Mapping]と進みます。
    2. USPS 接続のノードを展開し、テーブルのデータオブジェクトをエディターにドラッグします。.
    3. 表示されるダイアログで、[Read]オプションを選択します。

    以下のステップに従って、USPS カラムをフラットファイルにマッピングします。

    1. [Object Explorer]でプロジェクトを右クリックし、[New]->[Data Object]と進みます。
    2. [Flat File Data Object]->[Create as Empty]->[Fixed Width]と選択していきます。
    3. USPS オブジェクトのプロパティで必要な行を選択して右クリックし、[copy]をクリックします。行をフラットファイルのプロパティにペーストします。
    4. フラットファイルのデータオブジェクトをマッピングにドラッグします。
    5. 表示されるダイアログで、[Write]オプションを選択します。
    6. クリックしてドラッグすることで、列を接続します。

    USPS を転送するために、ワークスペースで右クリックし、[Run Mapping]をクリックします。