Domo Workbench のUSPS からデータセットを作成し、Domo からUSPS Data に連携するビジュアライゼーションを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品の詳細情報:

USPS 連携ソリューション


Domo Workbench でUSPS data からデータセットを作成し、Domo サービスでビジュアライゼーションを作成するには、CData ODBC Driver for USPS を使用します。



Domo は、組織全体でデータを管理、分析、また共有し、組織が戦略的な機会を逃さず判断し対応することを可能にします。Domo Workbench は、社内データをDomo にアップロードするための安全なクライアントサイドソリューションを提供します。CData ODBC Driver for USPS は、Domo Workbench をUSPS data に連携します。Workbench で標準のSQL クエリを使用してUSPS data からデータセットを構築し、Domo サービスでUSPS data のリアルタイムビジュアライゼーションを作成できます。

CData ODBC ドライバーは、最適化されたデータ処理がドライバーに組み込まれているため、Domo のライブUSPS dataとの連携に高いパフォーマンスを提供します。Domo からUSPSに複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作を直接USPSにプッシュし、埋め込みSQL エンジンを利用してサポートされていない操作(SQL 関数やJOIN 操作)を処理します。 組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのDomo データ型を使用してUSPS dataを視覚化および分析できます。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

ODBC データソースとしてUSPS に接続

まず、ODBC DSN (data source name) にて接続プロパティをまだ指定していない場合、指定します。これでドライバーインストールのステップは最後です。ODBC DSN を作成し構成するために、Microsoft ODBC Data Source Administrator を利用できます。

USPS に認証するには、次の接続プロパティを設定してください。

  • PostageProvider:リクエストの処理に使用するポステージプロバイダです。利用可能なオプションはENDICIA とSTAMPS です。指定されていない場合、 デフォルトはENDICIA です。
  • UseSandbox:ライブまたはテストリクエストを、運用サーバーに送るかサンドボックスサーバーに送るかを制御します。 true に設定した場合、Password、AccountNumber、StampsUserId プロパティは無視されます。
  • StampsUserId:この値はStamps サーバーに認証してログインするために使用されます。この値は Endicia には使用されず、UseSandbox がtrue の場合はオプションです。
  • Password:この値はEndicia とStamps サーバーへのログインに使用されます。ポステージプロバイダがEndicia の場合、この値はポステージアカウントに紐づけられたパスフレーズになります。 UseSandbox がtrue の場合にはオプションです。
  • AccountNumber:郵送者のアカウント番号です。UseSandbox がtrue の場合にはオプションです。
  • PrintLabelLocation:このプロパティは、GenerateLabels またはGenerateReturnLabels ストアドプロシージャを使用する場合には必須です。 生成されたラベルが格納されているフォルダの場所を指定してください。

キャッシュデータベース

USPS から利用可能な有用なタスクには多くのデータを要求します。データの入力を簡単にして後日思い出せるようにするには、 キャッシュデータベースを使用してリクエストを行ってください。キャッシュの使用にはキャッシュ用の接続プロパティを設定してください。

  • CacheLocation:デフォルトのキャッシュプロバイダーで接続が設定される、キャッシュの場所へのパスです。例えば、C:/users/username/documents/uspscache

CacheLocation の代わりに、CacheConnectionCacheProvider を設定して デフォルト以外のプロバイダーを使用してキャッシュ接続を設定することもできます。

DSN を構成する際、Max Rows の接続プロパティ設定が必要かもしれません。これにより返される行数を制限します。レポートやビジュアライゼーション(可視化)を設計する際のパフォーマンス向上に、とくに役立ちます。

DSN を作成したあと、USPS DSN を用いDomo Workbench でUSPS のデータセットを作成し、そのデータセットに基づきDomo サービスでビジュアライゼーションを構築する必要があります。

USPS Data のデータセットを作成

下記の手順に沿って、CData ODBC Driver for USPS を用いて Domo Workbench のUSPS のテーブルに基づいたデータセットを構築できます。

  1. Domo Workbenchを開きます。まだDomo サービスサーバーをWorkbench に追加していない場合、追加します。Accounts のサブメニューより、Add New をクリック。サーバーアドレス(domain.domo.com など)を入力し、認証ウィザードからクリックします。
  2. DataSet Jobs サブメニューから、Add New をクリックします。
  3. データセットジョブに名前をつけ(ODBC USPS Sendersなど)、変換方法としてODBC Connection Provider を選択、ウィザードからクリックします。
  4. 新規に作成されたDataSet Job で、Source へ移動、設定を構成するためクリックします。
  5. Connection Type にSystem DSN を選択します。
  6. System DSN に以前構成したDSN (CData USPS Sys)を選択します。
  7. 構成を確定するためクリックします。
  8. 設定にて、Query をSQL クエリに設定します。 SELECT * FROM Senders 備考: ODBC ドライバーを利用しUSPS data データへ接続することで、データを取得するためにシンプルなSQL の知識だけで、USPS 特有のAPI またはプロトコルを知る必要性がなくなります。
  9. Preview をクリックします。
  10. 生成されたスキーマからデータを確認し、変更を加えます。それから、保存しデータセットのジョブを実行します。

データセットのジョブを実行すると、データセットはDomo サービスからアクセス可能になります。これにより、USPS data を基にした可視化、レポート作成、そしてさらにさまざまなことができるようになります。

データビジュアライゼーションを作成

DataSet Job を保存しDomo Workbench 上で実行すると、Domo サービス上で USPS data の可視化準備が完了です。

  1. Data Center へ移動します。
  2. データウェアハウスにて、ODBC データソースを選択し、新しいデータセットへドリルダウンします。
  3. データセットを選択し、Create a visualization を選びます。
  4. 新しいカードで、下記を実行します。
    • Dimension をX Value へドラッグ。
    • Measure をY Value へドラッグ。
    • Visualization を選択。

CData ODBC Driver for USPS を利用すると、Domo Workbench でSQL だけを利用しUSPS data に基づいたカスタムデータセットを構築することができます。そして、Domo サービスからビジュアライゼーションやレポートを構築し共有することができるようになります。