CData ODBC Driver for USPS を使ってMicroStrategy でUSPS データを分析

Ready to get started?

Download for a free trial:

Download Now

Learn more:

USPS ODBC Driver

USPS ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからUSPS にデータ連携。

USPS データにデータベースと同感覚でアクセスして、USPS のPackages、Shipments、Recipients データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



MicroStrategy BI プラットフォームのダッシュボードにUSPS をノーコードでデータ連携して利用。



CData ODBC Drivers はMicrostrategy のようなBI ツールにおいて、多種な重要なデータソースへのアクセスを実現します。この記事では、USPS への接続方法、UI またはクエリを使ってデータをインポートする方法、そしてダッシュボードでデータビジュアライゼーションをいくつか作成する方法について説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

MicroStrategy を使ってUSPS のクエリを発行

次の手順では、Microstrategy からCData JDBC Driver for USPS を使ってデータに接続する方法を説明します。

  1. 接続プロパティが未設定の場合には、DSN(データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    • PostageProvider
    • RequestId
    • Password
    • AccountNumber

    To authenticate with USPS, set the following connection properties.

    • PostageProvider: The postage provider to use to process requests. Available options are ENDICIA and STAMPS. If unspecified, this property will default to ENDICIA.
    • UseSandbox: This controls whether live or test requests are sent to the production or sandbox servers. If set to true, the Password, AccountNumber, and StampsUserId properties are ignored.
    • StampsUserId: This value is used for logging into authentication to the Stamps servers. This value is not applicable for Endicia and is optional if UseSandbox is true.
    • Password: This value is used for logging into Endicia and Stamps servers. If the postage provider is Endicia, this will be the pass phrase associated with your postage account. It is optional if UseSandbox is true.
    • AccountNumber: The shipper's account number. It is optional if UseSandbox is true.
    • PrintLabelLocation: This property is required to use the GenerateLabels or GenerateReturnLabels stored procedures. This should be set to the folder location where generated labels should be stored.

    The Cache Database

    Many of the useful task available from USPS require a lot of data. To ensure this data is easy to input and recall later, utilize a cache database to make requests. Set the cache connection properties in order to use the cache:

    • CacheLocation: The path to the cache location, for which a connection will be configured with the default cache provider. For example, C:\users\username\documents\uspscache

    As an alternative to CacheLocation, set the combination of CacheConnection and CacheProvider to configure a cache connection using a provider separate from the default.

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  2. ダッシュボードで、+アイコンをクリックしてUSPS に接続を追加します。ダイアログが表示されたら、以下の情報を入力します:

    • DSN: USPS ODBC データソース用のDSN を選択。
    • DBMS: メニュー内の[Generic DBMS]オプションを選択。
    • Name: ユーザーフレンドリーなデータソース名を入力。
  3. 接続を選択します。
  4. [Edit SQL]をクリックします。[Editor]パネルの角にある青色ペンのアイコンです。
  5. [Editor]にクエリを入力します: SELECT FirstName, Phone FROM Senders WHERE SenderID = '25'
  6. [Execute SQL]をクリックします。パネルの角にある緑色の再生アイコンです。
  7. [Continue]をクリックして結果を保存します。
  8. 表示されたページで、[Select a Visualization]>[Bar Chart]>[Clustered Bar Chart]をクリックします。