Power Automate を使用してVeeva データを自動化タスクに統合

CData Connect Server を使用してVeeva データの仮想SQL Server データベースを作成し、リアルタイムVeeva データをPower Automate タスクに統合します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2021-04-09

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Power Automate(旧名:Microsoft Flow)は、一般的なアプリとサービスのイベント(ワークフロー)を自動化するオンラインサービスです。CData Connect Server と組み合わせることで、Veeva データを使用した自動化タスクの作成を実現できます。この記事では、Power Automate からConnect Server に接続し、Veeva データをワークフローとタスクに統合する方法を説明します。

Power Automate はCData Connect Server をSQL Server データベースとして認識し、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をVeeva に直接渡し、サーバーサイドの処理を利用してVeeva データを素早く返します。

以下のステップでは、CData Connect Server のインスタンスが必要になります。まずは、こちらからConnect Server をダウンロード・インストールしてください。


Veeva データの仮想SQL データベースを作成する

CData Connect Server を使えば、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、API を生成できます。

  1. Connect Server にログインし、「CONNECTIONS」をクリックします。 接続先を追加
  2. [Available Data Sources]から[Veeva]を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Veeva に接続します。

    次の接続プロパティを指定後、接続できます。

    • Url:アカウントにログイン後のURL で確認できるホスト。例えば、 https://my-veeva-domain.veevavault.com
    • User:アカウントへのログインに使用するユーザー名。
    • Password:アカウントへのログインに使用するパスワード。
    接続設定
  4. Test Database」をクリックします。
  5. [Permission]->[ Add]とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

CData Connect Server に接続する

Connect Server を使用してVeeva データをPower Automate タスクに統合するには、新しいSQL Server 接続を作成します。

  1. まずは、Power Automate にログインします。
  2. [Data]->[Connections]->[New connection]とクリックします。
  3. SQL Server を選択します。 SQL Server との接続を設定
  4. 接続ウィザードにて

    • Authentication Type を"SQL Server Authentication" に設定します。
    • SQL server name をConnect Server インスタンスのアドレスに設定します。(CONNECT_SERVER_URL
    • SQL database name を以前作成したVeeva の名前(veevadb など)に設定します。
    • UsernamePassword を設定し、[Create]をクリックします。 Connect Server への接続を設定

Veeva データをPower Automate タスクに統合する

Connect Server への接続が構成されたら、いよいよVeeva データをPower Automate タスクに統合しましょう。

  1. [My flows]->[New flow]とクリックし、スクラッチまたはテンプレートからフローを作成します。
  2. フロー内にSQL Server アクション(Get rows など)を追加し、Connect Server に接続するようアクションを構成します。
  3. 使用するテーブルをドロップダウンメニューから選択し、詳細オプション(フィルタ、オーダーなど)を構成します。
  4. 行データを取得
  5. フローを保存して、テストが成功したら準備は完了です

あらゆるアプリケーションからVeeva データにSQL でアクセス

以上で、Power Automate タスクからリアルタイムVeeva データへの接続ができるようになりました。

Connect Server を使えばVeeva 以外にも270種類以上のSaaS、ビッグデータ、NoSQL データソースへのSQL アクセスが可能です。ぜひ、こちらから30日間無償トライアルをお試しください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。