今すぐお試しください!

製品の詳細CData ADO.NET Provider for YouTube Analytics を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

YouTube Analytics データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

YouTube Analytics 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、YouTube Analytics をチャートに入力します。

YouTube Analytics 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

YouTube Analytics への接続には、OAuth 認証標準を使います。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。組織全体のアクセススコープを本製品に許可するには、サービスアカウントが必要です。下記で説明するとおり、本製品はこれらの認証フローをサポートします。

ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。次を設定して、接続してください。ChannelId:YouTube チャンネルのId に設定。指定しない場合、認証されたユーザーのチャンネルのデータが返されます。ContentOwnerId:コンテンツ所有者のレポートを生成する場合に設定。接続すると、本製品はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、アプリケーションにアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、YouTube Analytics でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。YouTubeAnalyticsDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (YouTubeAnalyticsConnection connection = new YouTubeAnalyticsConnection( "ContentOwnerId=MyContentOwnerId;ChannelId=MyChannelId;")) { YouTubeAnalyticsDataAdapter dataAdapter = new YouTubeAnalyticsDataAdapter( "SELECT Snippet_Title, ContentDetails_ItemCount FROM Groups", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "ContentDetails_ItemCount" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "Snippet_Title"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではYouTube Analytics でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。YouTubeAnalyticsDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (YouTubeAnalyticsConnection connection = new YouTubeAnalyticsConnection( "ContentOwnerId=MyContentOwnerId;ChannelId=MyChannelId;")) { YouTubeAnalyticsDataAdapter YouTubeAnalyticsDataAdapter1 = new YouTubeAnalyticsDataAdapter("SELECT Snippet_Title, ContentDetails_ItemCount FROM Groups", connection); DataTable table = new DataTable(); YouTubeAnalyticsDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "ContentDetails_ItemCount" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "Snippet_Title"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

 
 
ダウンロード