製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Bubble でZoho Books データと連携したアプリを作成


CData Connect Cloud を使ってZoho Books のOData フィードを作成し、Bubble でカスタムアプリを作成します。


zohobooks ロゴ画像
cloud ロゴ画像

Connect Cloud

Bubble ロゴ画像

Bubble はアプリや業務用の開発・ローンチを容易にするローコード / ノーコードツールです。さらにCData Connect Cloud と連携することで、ノーコードアプリ開発用のZoho Books データへのクラウドベースのアクセスをノーコードで追加できます。本記事では、CData Connect Cloud 経由でBubble からZoho Books 連携を実現する方法を紹介します。

CData Connect Cloud はZoho Books データへのクラウドベースのOData インターフェースを提供し、Bubble からZoho Books データへのリアルタイム連携を実現します。

Connect Cloud を構成

Bubble でZoho Books データを操作するには、Connect Cloud からZoho Books に接続し、コネクションにユーザーアクセスを提供してZoho Books データのOData エンドポイントを作成する必要があります。

Zoho Books に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

(オプション)新しいConnect Cloud ユーザーの追加

必要であれば、Connect Cloud 経由でZoho Books に接続するユーザーを作成します。

  1. 「Users」ページに移動し、 Invite Users をクリックします。
  2. 新しいユーザーのE メールアドレスを入力して、 Send をクリックしてユーザーを招待します。 新しいユーザーを招待
  3. 「Users」ページからユーザーを確認および編集できます。 Connect Cloud ユーザー

パーソナルアクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、「User Profile」をクリックします。
  2. 「User Profile」ページで「Access Token」セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 Creating a new PAT
  4. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

Connect Cloud からZoho Books に接続

CData Connect Cloud では、簡単なクリック操作ベースのインターフェースでデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 コネクションの追加
  2. 「Add Connection」パネルから「Zoho Books」を選択します。 データソースの選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Zoho Books に接続します。

    Zoho Books はOAuth 認証標準を使用します。OAuth を使用して認証するには、アプリを作成して OAuthClientIdOAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを設定してください。 認証方法については、ヘルプドキュメントの「OAuth」セクションを参照してください。

    接続の設定(Salesforce の表示)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. 「Add Zoho Books Connection」ページの「Permissions」タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

Connect Cloud にZoho Books OData エンドポイントを追加する

Zoho Books に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. OData ページに移動し、 Add をクリックして新しいOData エンドポイントを作成します。
  2. Zoho Books 接続(例:ZohoBooks1)を選択し、Next をクリックします。
  3. 使用するテーブルを選択し、「Confirm」をクリックします。 テーブルを選択(Salesforce の例)

コネクションとOData エンドポイントを設定したら、Bubble からZoho Books データに接続できます。

Zoho Books データに接続したアプリを作成

OData エンドポイントをConnect Cloud に追加したら、Zoho Books データへのライブ接続が可能なアプリをBubble で作成できます。

Bubble API Connector を設定

まずは、Bubble からCData Connect Cloud にアクセスするためのAPI Connector を設定します。

  1. アプリ内で、Plugins タブをクリックして Add plugins をクリックします。
  2. 「API Connector」を検索して「Install」をクリックします。 API Connector プラグインのインストール
  3. インストール後、「Add another API」ボタンをクリックしてAPI を設定します。
    • API に名前を設定します。
    • Authentication を「HTTP Basic Auth」に設定します。
    • Username をConnect Cloud のユーザーに設定します(user@mydomain.com)。
    • Password を上記のユーザーのPAT に設定します。
    • API Call を展開して、「GET」コマンドを選択してURL を先ほど設定したOData エンドポイント(例: https://cloud.cdata.com/api/odata/service/INVOICES)に設定します。
    API Call を設定
  4. 「Initialize call」ボタンをクリックしてレスポンスのデータ型を必要に応じて調整します。 call を初期化
  5. 必要な変更を加えた後、「SAVE」をクリックします。 データ型を保存

App UI の設定

API Connector を設定したら、Bubble アプリでZoho Books データを取得できます。本記事では、Excel ライクなテーブルを表示できるUI コンポーネントでデータをリクエストします。

  1. Plugin タブで、「Excel-like HandsonTable」をインストールします。 Excel-like HandsonTable プラグインを追加
  2. Design タブで、「Excel Table」をワークスペースに追加します。 Excel Table をアプリに追加
  3. Excel Table のData source で、「Get data from an external API」を選択します。
  4. Type of content を「API Call value」に設定します。
  5. Data source を"CData Connect Cloud - <API Call の値>"(またはこれと同等な値)に設定します。 Excel Table をAPI Call にバインド
  6. 「Preview」をクリックしてZoho Books からデータが取得できたことを確認します。 アプリをプレビュー

この時点で、バックエンドAPI を設定する手間なくZoho Books データへのライブ接続を持つアプリケーションを開発できます。

クラウドアプリケーションからZoho Books データへのライブ接続

Bubble からZoho Books ライブデータに直接接続できるようになりました。これで、Zoho Books データを複製せずにより多くの接続とアプリを作成できます。

クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL ソースへのリアルタイムデータアクセスを取得するには、CData Connect Cloud を参照してください。