6/24/2017 6:34:26 PM

API 開発・運用基盤「CData API Server」を製品版リリース

~DB、ファイル、SaaS からREST API をノンプログラミングで自動生成~

6月6日、CData Software Japan 合同会社(宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介)は、データベースからREST API を自動生成するAPI 開発・運用基盤「CData API Server」の製品版をリリースしました。

CData API Server のウェブページ;http://www.cdata.com/jp/apiserver/

クラウド時代の業務アプリケーションでは、SaaS とオンプレシステムや他のSaaS とのリアルタイムかつセキュアなデータ連携の方法としてWeb API の利用が一般的となっています。 それだけではなく、ビジネスを取り巻く環境がこれまでにないスピードで変化する中、企業が自身のビジネスの成長のために拡張性の高いサードパーティエコノミー(API エコノミー)を 構築・活用する必要性が説かれており、Web API はアプリケーション間のデータを繋ぐだけではなく、ビジネスとビジネスを繋ぐ役割を担っています。

ただし、Web API の開発・運用には、エンドポイントの開発以外にも認証、ドキュメント作成、モニタリング機能の実装などさまざまな知識とスキルが要求されます。 CData ではWeb API を超高速・ノンプログラミングで開発・運用できる「CData API Server」を提供し、ユーザー企業の素早く、簡単で、セキュアなWeb API の公開をサポートします。 CData API Server では、API として公開するDB を接続し、エンドポイントをポイント&クリックで選択するだけで、プロフェッショナルなREST API を自動生成し、お好みの環境にデプロイすることが可能です。 日本語のAPI ドキュメントも同時に自動生成されます。

CData API Server リリースのプレスリリースはこちらをご覧ください。