10/12/2021

人事管理のWorkday データのコネクタ『CData Drivers for Workday』をリリース

~BI、ETL、iPaaS、カスタムアプリからWorkday データ連携を実現~



2021年10月12日、CData Software(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介、以下CData)は、人事管理のWorkday のデータ連携用のコネクタ「CData Drivers for Workday」をリリースしました。CData Drivers for Workday を使えば、各種BI、ETL、iPaaS、DB、カスタムアプリケーションからWorkday の人事管理データをノーコードで扱うことが可能になります。

人材管理のWorkday とBI、ETL などの業務ツールとのラストワンマイルをつなぐ

企業で多様な人材を採用し、それぞれの強みを活かした経営のために、人事管理ソフトウェアは大変重要なものとなっています。従業員マスター、採用、人事評価、勤怠、トレーニング、タレントマネジメントなど人事管理のあらゆる活動を一つのプラットフォームで管理できるWorkday は大企業からSME まで多くの企業に導入され、企業のDX をサポートしています。

ただし、人事データはWorkday のシステム以外でも頻繁に利用されています。CRM、グループウェア、サポート、タスク管理などの業務システムやカスタムアプリケーションの人事マスターとしての利用、BI やAI など分析ツールでの重要な切り口の提供など企業のデータ活用のニーズが存在します。Workday ではAPI でのデータへのアクセスを提供していますが、API の利用にはエンジニアのコーディングが必要です。CData のWrokday Drivers は各種BI ツール、ETL/EAI ツール、DB、iPaaS、カスタムアプリとのラストワンマイルをつなぎ、企業での人事データの活用をサポートします。

CData Drivers for Workday の機能概要

  • ODBC、JDBC、ADO、Python などのテクノロジードライバー、Excel、Power BI、SSIS、Tableau、Mule、PowerShell、Sync のアダプタ
  • Workday のHuman_Resources、Payroll、Absences、Staffing、Talent、Learning など40を超えるオブジェクトに対応
  • ANSI-92 SQL のSELECT に対応し、フィルタリング、ソート、集計が可能
  • SQL Server のリンクサーバーや、リモーティング機能

Workday Drivers ページへ

CData Drivers for Workday が使用できるツール例

CData Software では、以下の150を超える国内外のツールで動作検証を実施しています。各ツールからWorkday への接続方法はこちらにまとめています:Workday データ連携ガイドおよびチュートリアルのリスト

BI、アナリティクス:Alteryx、Amazon QuickSight、Aqua Data Studio、Birst、BIRT、Biz-Stream、Clear Analytics、Databricks、DBxtra、Domo、Dundas BI、Excel、FineReport、Exploratory、Google Data Studio、IBM Cognos、Jasper、KNIME、LINQPad、Power BI、SSAS、Metabase、MotionBoard、MicroStrategy、OBIEE、Pentaho、Qlik、R、RapidMiner、Redash、SAP Business Objects、Crystal Reports、SAP Lumira、Sisense、SpagoBI、Tableau、TIBCO Spotfire、Visio

ETL/EAI、DWH、レプリケーション:Amazon Redshift、 Amazon S3、Cassandra、Apache NiFi、Apache Solr、ASTERIA Warp、AWS Glue、BIML、Clover ETL、CSV、DataSpider、DB2、FoxPro、Google Cloud SQL、Heroku / Salesforce Connect、Informatica、Jaspersoft ETL、Magic xpi、Microsoft Access、Microsoft Azure Tables、MongoDB、MySQL、Oracle Data Integrator、Oracle DB、PEP、PostgreSQL、RACCOON、Snowflake、SQL Server、SQLite、Talend

データマネジメント:A5 SQL Mk2、DBeaver、DbVisualizer、DBArtisan、Informatica Enterprise Data Catalog、RazorSQL、SQuirreL

ワークフロー&プロセス自動化:BizTalk、コラボフロー、Microsoft Flow、Microsoft PowerApps、MuleSoft Anypoint、RunMyProcess、SSIS

IDE & アプリ開発:Visual Studio、AngularJS、Apache Spark、AppSheet、Azure Logic Apps、Blazor、ColdFusion、Entity Framework、FileMaker、Google Apps Script、Hibernate、IntelliJ、JBoss、JDBI、JRuby、Monaca、NodeJS、PHP、PowerShell、PowerBuilder、PyCharm、RAD Studio、Ruby、SAP UI5、TALON、UiPath、Unifinity、Tomcat、WebLogic、HOIPOI、Wagby、WinActor

データ仮想化:Access リンクテーブル、MySQL Federated Tables、Oracle DB Link、PowergreSQL FDW、Salesforce Connect、SharePoint External List、SQL Server リンクサーバー、SQL Server PolyBase

CData Software について

CData Software, Inc. は、クラウドデータのコネクタソリューションおよびデータ連携ツールのリーディングベンダーです。250以上のSaaS、NoSQL やアプリケーションデータに標準接続するドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、各種ツール、クラウドサービス、カスタムアプリケーションからのリアルタイム接続を実現します。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関するお問い合わせ先

CData Software Japan 合同会社   担当:兵藤
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1-6-27 仙信ビル8F
E-mail:press@cdata.co.jp