Tag: data warehouse



  • API とは?

    by 疋田 圭介 | September 04, 2016

    API という言葉は、以前から聞かれます。ODBC、JDBC が出てきた頃から、エンジニアの方には馴染みのある言葉だったと思います。 「API=Application Programming Interface が正式な名前です。今回はAPI でも「Web API」 について説明します。 JDBC, ODBC などのRDB のAPI については別の記事で説明します。 API とはアプリケーションとアプリケーションの間でデータをやり取りする方法です。皆さんはすでにいろいろなところでAPI を利用しています。 モバイルを中心としたアプリケーションの地図情報の多くは、自分では地図情報を持たずGoo... [read more]


  • Data Sync: どっちを使う、ドライバーでのリアルタイム接続とData Sync?

    by 疋田 圭介 | August 10, 2016

    CData から新しく CData Data Sync 製品がリリースされました。Data Sync は、SalesforceやDynamicsCRM と いったSaas データを慣れ親しんだオンプレのDB にレプリケーション(複製)が簡単に行えるサーバーアプリケーションです。 しかし、これまでのCData 製品をご存知のお客様には、「なんですでにCData のODBC、JDBC、ADO.NET のドライバーで リアルタイムにデータ連携できるのに、わざわざレプリケーションするの?」という質問を頂きそうな予感です。先回りして 回答しますと、ドライバーでリアルタイム連携すべきか、レプリケーション... [read more]


  • JSON やXML データをドライバーでJDBC, ODBC, ADO.NET で利用する方法

    by 疋田 圭介 | August 10, 2016

    多くのモダンデータストアはJSON かXML ベースのWeb API を通じて利用されます。すでに長く使われてスタンダートとして安定しているフォーマットです。 ただし、カスタム業務システムや帳票・BI などの各種ツールでは、RDB を基本としたデータソース・フォーマットにしか対応していないというケースが多いのではないでしょうか? 今後も使っていくシステムではあるけれど、改修を行うのにもコストがかかるし、エンジニアもJSON の修得には時間が。そんなとき頼りになるCData のJDBC, ODBC, ADO.NET ドライバーですが、生憎自分が使いたいWeb API のドライバーが製品化されて... [read more]


  • API の替わりにADO.NET を使う理由

    by 疋田 圭介 | August 05, 2016

    Software as a Service (SaaS)として提供される Salesforce, やGoogleApps のようなCRM、グループウェア、ERP システムは とても便利、パワフル、かつユニークであり、会計、タスク管理、リード管理、その他の社内業務ニーズに的確に応えてくれます。 しかし、業務データはそれぞれのSaas の中に閉じているだけでなく、他の業務システムからアクセスすることが必要な場合が 多くあります。いえ、ほぼすべての業務アプリケーション・ツール同士はつながる必要があるのです。 そんなニーズに応えるべく多くのSaas にはREST, ODATA, JSON などのAP... [read more]


  • 「庶民のBI ツール」 Microsoft Excel

    by 疋田 圭介 | August 04, 2016

    Micfosoft Excel には賛否両論がありますが、とにかく上手に使う方が多いです。 スプレッドシートとして、フォームとして、ドキュメントを書くために、キャプチャを張り付けるキャンパスとしてなど幅広く使われています。 中でもBI ツールとして使っている人も多いのではないでしょうか? テーブル、スパークライン、様々なチャートに加え、ピボットテーブルやピボットチャート、豊富な関数をを使えばBI ツールになります。 そうで、Microsoft Excel は「庶民のBI ツール」なのです。 ところが、誰もが苦労するのは「Excel に定期的にデータを入れること」だと思います。ほとんどの方が複... [read more]


 
 
ダウンロード