Tag: connectivity



  • Drivers in Focus: Salesforce

    by Jonathan Hikita | March 22, 2021

    Salesforce は、顧客体験の中心としてCRM、グループウェア、デジタルマーケティング、マーケティングオートメーション、AI などさまざまな用途で企業をサポートしています。Salesforce は、多くのユーザー企業の成功に裏打ちされたCRM です。そんなベストなCRM を使いこなすには、Salesforce のデータを企業のビジネスにかかわる様々なチームで連携・共有する必要があります。データ分析、アプリケーション連携、DB 連携などを効率的に実現するのがCData のSalesforce 連携ソリューションです。この記事ではCData のシンプルかつパワフルなSa... [read more]


  • CData Software がAzure Synapse Launch Partner に登録されました

    by Alex Pauncz | December 15, 2020

    CData Software(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介、以下CData)は、マイクロソフト社のAzure Synapse Analytics の ローンチングパートナー として登録されたことを発表いたします。 本リリースは、CData Software の 12月4日のリリース の翻訳です。 Microsoft は、Synapse Analytics によりデータ統合、エンタープライズデータウェアハウジング、ビッグデータ分析を単一のエンタープライズプラットフォームに統合します。Synapse は、これら... [read more]


  • CData Drivers v20 リリースのポイント

    by CData Marketing | August 17, 2020

    CData Drivers は、200 を超えるSaaS、パッケージソフト、クラウドDB へのデータ連携をシンプルにするドライバー・コネクタ製品です。BI、ETL、帳票、ノーコード開発ツール、iPaaS からあらゆるデータソースへのシームレスな連携をサポートします。CData Drivers は、絶えずテクノロジーへの追従、ユーザーの利便性を向上させる機能追加、パフォーマンス向上を行っています。8月にリリースしたV20版の技術的なポイントについて説明します。 ドライバー全般の機能追加 ログ出力のフレキシビリティ向上 新しい「Log Modules」接続プロパティにより、ロ... [read more]


  • CData Query Federation Driver の利用例

    by 疋田 圭介 | May 10, 2020

    クラウドCRM サービスとローカルデータベースのように本来関係があるデータが分散してしまうことが増えており、データの統合利用には大きな開発負荷とコストがかかります。これを解消するための方法の一つにデータウェアハウス(DWH)のような一つのデータストアにすべてのデータを一度移動させる方法がありますが、一定の規模に達しない運用ではデータウェアハウスを使うことがコスト高になってしまい理想的ではないこともあります。CData Software の Query Federation Driver を使うことで、データが実際に存在するロケーションを意識せず、分散したデータを仮想統合し... [read more]


  • CData Software から新年のご挨拶~連携したいデータソース、ツールについてご相談ください~

    by Jonathan Hikita | January 01, 2020

    新年、あけましておめでとうございます。 2020年もCData Software は、「あらゆるデータソースへの対応、あらゆるツールからの接続への対応」を目指し活動いたします。企業のデータがクラウド・オンプレ・SaaS にますます分散していく今日、一つ一つのデータに連携する方法をコーディングにより実装することは、技術、スピード、コストの点から難しくなっています。企業が競合に打ち勝ち成長するためには、「データアクセスの標準化」によるデータ活用の拡大、コストダウンが重要です。 私たちは、日本固有のサービスへの対応を含め、標準SQL でアクセスできる対象をさらに増やします。日本... [read more]