by 疋田 圭介 | May 08, 2016

「標準規格」でのデータインテグレーション

データマネジメント・データプロセッシングの世界では、クラウドベースのサービスによって、利用者は、会計、CRM、 コラボレーションといったそれぞれのアプリケーション領域においてハイレベルかつ目的に合ったソリューションを選択することができるようになりました。 しかし、これはアプリケーション同士のインテグレーションという問題を、より難しくするという残念な影響ももらたしています。 多くのクラウドサービスはSKD を提供していますが、それぞれが大きく異なっており、不可能とは言わないまでも、 サードパーティのアプリケーションから利用することはとても難しいと言わざるを得ません。CData Software は、 「標準規格」のデータインテグレーションを提供することで、クラウドベースのアプリケーションの統合をサポートします。

CData Software は、時間をかけて業界内で信頼を得てきた業界標準であるODBC, JDBC, ADO.NET という規格の データドライバーを提供しています。これらの業界標準規格はすでに長い年月をかけて多くのユーザーを獲得しており、 高い利便性と安定性、そして規格化されていることで多様なサードパーティとのエコシステムが構築されています。 CData は、それらの標準規格に準拠したドライバーを提供することで、クラウドベース、およびオンプレミスのデータ インテグレーションにおいて、ユーザーに利便性・安定性と便利なツール群をそのまま利用してもらうことができます。

例えば、CData ADO.NET Data Provider は、Saas データを.NET アプリケーションに簡単に繋げることができ、 Visual Studio の標準コントロールはもとより、.NET で広く利用されている、GrapeCity やInfragistics などの サードパーティが提供するパワフルなUI コントロール(データグリッド、チャート、ツリービューなど)や帳票ツールを そのまま利用することができます。 また、ODBC Driver では、広く利用されているTableau, Qlik などのBI ツールから Saas データを取り込むことができます。例えば、DynamicsCRM データやMarketo データをBI ツールで分析・ ビジュアライズすることが可能になります。

CData Driver は、このような業界標準規格に準拠した形で作られており、新しい技術の習得なしにデータ連携を 行うことを可能にします。そして、標準に準拠していることで、標準開発フレームワークの利用メリットを得られるほか、 開発ツールやサードパーティツールをそのまま使うことができます。 「それぞれのデータソースを繋ぐ方法を習得すること」に 費やす時間を減らし、既存のパワフルな規格でインテグレーションを行って、「データをどうソリューションで活かすか?」に 集中することが一番ではないでしょうか。

利用事例

  • 日本でトップシェアのETL/EAI ツールのインフォテリアASTERIA WARP は、既存のJDBC コンポーネントを使って一挙に60を超えるデータソースへの接続の提供が可能となりました。インフォテリア社ASTERIA USer Group Festa Tokyo 資料
  • Combit Software は、フラッグシップ帳票製品である「List & Label」で、ほぼ改修なしでSaas データソースとの連携機能を追加しました。 https://www.cdata.com/showcase/combit.aspx

詳細情報と無償評価版

より詳細な情報は、弊社のウェブサイトへ(ODBC, JDBC, ADO.NET, SSIS, Cloud, Mobile (Xamarin), BizTalk, Excel, Sync). ダウンロードページから、 無償評価版をダウンロードして、CData 製品を体感してください。