by 疋田 圭介 | May 25, 2019

CData Drivers 2019版をリリース

2019版のCData Drivers がリリースされました。本リリースでは、SQL SSIS の機能強化、ADO.NET、JDBC の各ドライバーで機能追加が行われています。 BI、ETL、カスタムアプリケーションからの150+ Enterprise data sources のデータ連携が驚くほど簡単に。

V2019 での主要な機能強化は以下のとおりです:

  • SQL SSIS Components — Lookup コンポーネントおよびタスク実行コンポーネント。
  • JDBC Drivers — 新しいコネクション(接続文字列)ビルダー、およびパフォーマンス改善。
  • ADO.NET Data Providers — Visual Studio 2019 対応、Entity Framework Core 対応、.NET Standard 対応。
  • New Drivers — Act-On、Acumatica、Amazon Marketplace、Blackbaud、Couchbase、Dropbox、Instagram、MariaDB、Odoo、SFTP、Pervasive (Btrieve)、Evernote、FedEx、Greenplum、Google Spanner、IBM Cloud SQL、 Oracle、Sybase、Snowflake、Teradata、Veeva などのドライバーを追加。

SQL SSIS Components

CData のSSIS Integration Suite では、2019版リリースで大幅なアップデートがあります。 新しいソースおよびデスティネーションデータソースに加え、パワフルなルックアップコンポーネントやタスク実行機能を強化しました。

  • Lookup Components — SSIS Lookup コンポーネントは、Data Flow タスクにおいてマッチするレコードとマッチしないレコードに対して異なるアウトプットを行うルックアップを実行することで、データフローを大幅にシンプルにします。さまざまなキャッシングオプションが用意されており、使い方に応じてパフォーマンスチューニングが可能です。

  • Execute Tasks — フローレベルでストアドプロシージャやSQL クエリの実行をサポート。ストアドプロシージャおよびDDL ステートメントはデータフロー(ファイルのダウンロード、メールの送信など)にフィットしない処理を実行する場合や、データフローの前処理としてデータベースを準備する場合(テーブルデータのトランケートなど)に役に立ちます。タスク実行により、これらの機能を簡単に実装できます。

これらの機能強化されたSSIS コンポーネントは、ETL/データ連携をSSIS のオンプレミス版に加え、Azure Data Factory での利用をサポートしています。


JDBC Drivers

2019 JDBC Drivers では、データソースラインアップ拡充に加え、"Connection String Builder" ウィザードの追加により使い勝手を大幅に改善。Connection String Builder(接続文字列ビルダー)は、ドライバーに同梱されたウィザードで、ドライバーごとに異なるデータソースへの接続設定をサポートし、URL 文字列を生成してくれます。


ADO.NET Data Providers

2019版のADO.NET Data Providers では、Microsoft Visual Studio 2019 をサポートしています。加えて、Entity Framework Core 2.0-2.1 へのサポートを行っています。


データソース固有のアップデート

ドライバーの全データソースにわたる機能強化に加え、2019版では、個別のドライバーへの機能強化を行っています:

  • Couchbase — 他の接続オプションに対し最大20倍となるパフォーマンス強化。N2QL、およびSQL++ の広範囲のサポート、およびメタデータハンドリング。
  • Azure Cosmos DB — パフォーマンス改善、およびプラットフォームカバレッジ拡充。
  • LinkedIn — LinkedIn 広告へのサポート拡充およびCompany ページデータへのアクセス強化。
  • JIRA — Projects およびFilters をサポート。
  • Salesforce Einstein Analytics - Upsert、Delete、BulkUpsert、BulkDelete に対応。
  • Google BigQuery — カスタムスキーマ定義をサポート。
  • Snowflake — 非同期クエリのサポート。

New Drivers & Releases

Act-On

Act-On

Acumatica

Acumatica

Amazon Marketplace

Amazon Marketplace

BlackBaud FE NXT

BlackBaud FE NXT

Couchbase

Couchbase

DataRobot

DataRobot

Dropbox

Dropbox

Instagram

Instagram

MariaDB

MariaDB

Odoo

Odoo

SFTP

SFTP

Pervasive (Btrieve)

Pervasive (Btrieve)

Evernote

Evernote

FedEx

FedEx

Greenplum

Greenplum

Google Spanner

Google Spanner

IBM Cloud SQL Query

IBM Cloud SQL Query

Oracle Database

Oracle Database

SAP Sybase

SAP Sybase

Snowflake

Snowflake

Teradata

Teradata

Veevaa Vault

Veeva Vault

Public Beta

無償試用版ですぐにCData Drivers を使ってみましょう

CData Drivers 2019版は、ウェブサイトからダウンロード可能です。Download a free 30-day trial から30日の無償試用版をダウンロードして、使い慣れたBI、分析、ETL、帳票、カスタムアプリからあらゆるクラウドデータに連携しましょう。





 
 
ダウンロード